上司のヒルクライムな日々

ヒルクライムの頂点を目指します!!


テーマ:

今夜も酔っ払っていい気分なのでブログ更新。久しぶりにトレーニング内容に関して。

今年も冬場はシクロクロスを楽しんでいる訳ですが、個人的ににオフシーズンという概念はありません。

今年で40なので体力的に年々厳しくなってます。競技を続けれる時間も少なくなっていると感じるのでオフなんてもったいないですね。

実際、昨年ヒルクライムではホームコースの池田山や二ノ瀬のタイムを1度も更新できなかった。。。

ローラートレーニングはそれなりにやっているのですが・・・

そこで昨年のトレーニング日記や感じた事を振り返えるといくつか気付いた点があったので書き認めます。


①疲労が溜まっていた。

昨年は高強度→中強度→高強度→中強度の繰り返しで練習する事が多かった。

中途半端な中強度練のせいで疲労が溜まり、本当に頑張るべき高強度の日に回復していなくて追い込みが十分でなかった。休む(回復する)のもトレーニングと言いますが、休むと弱くなりそうでそれが出来なかった。


②心拍数を上げすぎていた。

若い頃から心拍の上がるインターバルの強いスポーツをやっていました。

ヒルクライムでは比較的高いケイデンス(90回転位)で回転でパワーを出して走るのが得意です。逆に言うと低回転でトルクを使って走るのが苦手です・・・ トルクの必要な激坂は嫌いですね。富士山ヒルクライムとか。

ただ年々、加齢(おっさん化)とともに心拍上がると苦しい訳ですよ。

この乗り方には限界を感じてきました・・・


③体重増加。

ヒルクライムはパワーウエィトレシオが重要なので軽さは正義ですよね。

人生最軽量は3年前に胃潰瘍になり52キロ。翌年54キロ。去年が57キロ。今年は正月の暴飲暴食で恐る恐る体重計に乗ると62キロを超えていたので見なかった事にしましたw

甘いものは昔から大好きですが極力ガマンしてます。しかしお酒の量が年々増えてますな・・・

子供からは家ではローラー乗ってるか酒を飲んでるイメージしかないようです。。。

本当に止めれる(減らせる)のかコレ?


④ポジションが合っていない。

自転車のポジションとかクリートの位置とかまったく考えてませんでした。

そんな女々しい事を気にするなら一生懸命ペダルを回せ的な事を部下にも言っていた気がするw


⑤自転車に飽きた?

いやレースとかは楽しいですやっぱり。非日常ですから。。。日々のトレーニングとかは何だか飽きたな。でもやらないと結果出ないし。。。

あと元々ロングライドとか外を走るのがそんなに好きでない。だからほぼ家でローラー。

競技志向で自転車に乗る行為そのものが本当に好きなのかよくわからない・・・

始めた頃は機材を弄るのが楽しかったけれど、一通り揃えた今はその興味も無くなりました。

ミドルグレードからはほとんど同じ。機材より自分を鍛えた方がずっと速くなりますね。


そこで・・・

①については練習内容を見直しました。

高強度→低強度→高強度→低強度に変えて、高強度の日に疲労がなるべく残らないようにしました。

ただ、低強度の日にダラダラと150W位で漕ぐのも芸がないのでケイデンスを120回転以上で60分です。回転練習も兼ねて乗っています。引き脚が遅いとオケツが跳ねるので引き脚を意識してます。しかし7時からのマイナスのベクトルがまだまだ多いな・・・

でもこれをする事によりハムストリングの使い方が分かってきました。


②についてはSSTやL4の練習の際、心拍が上がらないようケイデンスを落としてトルク(筋力)を使って乗るようにしました。サドルの後ろに座りハムストリングを意識して使います。


昨年の1月のデータ。L4 20分ですが、パワー300Wでケイデンスは91回転。平均心拍165。



こちらは昨日のデータ。L4 30分ですが、パワー302Wでケイデンスは76回転。平均心拍166。

こちらは時間が10分伸びていますが、ほぼ心拍は変わらずペダリング効率が59%から64%に向上。トルクは6N・m以上アップしてます。

ケイデンスを落とすとハムストリングに負担がかかり痛くなりますが、心拍はかなり楽になりました。

ただ今後もずっとこのケイデンスで乗るつもりはありません。

レースでは高ケイデンス、低ケイデンスと状況に応じて使い分けていきます。

使う筋肉も変えます。引き出しは多い方が有利ですからね。



③についてはスマホアプリで管理できるタニタの体重計を買いました。毎日計ってモチベーションを維持しています。お酒は今日みたいな低強度の日だけに減らしました。すると60キロ台から卒業できました。最近、体脂肪はいつも5~7%なのでこれ以上減るのか?無駄な筋肉が付いているかもしれませんね。各数値は所詮家庭用ですから正確でないと思いますが、自分の中での指標にしています。





④についてはまずサドル高が見た目重視で高く自転車ごとで違ってました。ドグマが最大7mm高かったので低くしました。こうすることで脚の付け根の痛みが減りペダルを回し易くなりました。

また、クリート位置ですがこれもQファクターが目いっぱい広くなっていたので、クランクに擦るギリギリまで狭くしました。これによりパワーの維持が楽になりました。

今年は本格的なフィッティングを受けてみたいですね。



⑤については難しいですね。常連の強豪クライマーはどのように自転車に対するモチベーションを維持しているのか聞いてみたいですね。やっぱり自転車に乗る行為そのものが好きなのでしょうか。とりあえず過去の自分を越える事を目標にモチベーションを高めます。



いろいろ書きましたが家族持ちのリーマンですのでなかなか予定通り事が進みません。

2人の子供も大きくなってきて土日はテニスの試合等が増えてなかなか乗れそうにありません。

自由な時間のある方々がとても羨ましいです・・・

今年は家族と仕事を優先しながら少しだけ頑張ってみます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。