自民党の谷垣禎一総裁ら執行部は26日、党所属参院議員を対象にした懇談会を国会内で開いた。執行部への意見を求める場として設定したものだが、執行部交代の言動をしてきた舛添要一前厚生労働相や、山本一太、世耕弘成の両氏は欠席した。

 舛添氏は当初、周辺に出席の意欲をみせていたが、25日になって「どうしても外せない用事が出た」(同氏事務所)として急遽(きゆうきよ)欠席を決めた。山本、世耕両氏の事務所はそれぞれ「前から日程が入っていた」「本人でないとわからない」としている。

 谷川秀善参院幹事長は懇談会終了後、記者団に対し、党の外で批判しながら党の会合に欠席した舛添氏らについて「こういうときに出てきて、しっかり言ってもらいたい」と苦言を呈した。

【関連記事】
自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁
次期首相のトップは舛添氏
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…
【週末に想う】散る桜 残る桜も 散る桜 小林静雄
「新党、先にやるからおかしくなる」 舛添氏、邦夫氏との連携に否定的
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<火災>住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子(毎日新聞)
「進退考えていない」=鳩山首相(時事通信)
EPA初の国試合格、「本格的サポートが必要」―日看協・小川常任理事(医療介護CBニュース)
桜 東京で開花 平年より6日早く(毎日新聞)
死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置-大阪府警(時事通信)
AD