奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母吉田真朱容疑者(26)が、死亡した智樹君について「寝たきりになった2月末から、死ぬかもしれないと思っていた」と供述していることが16日、県警への取材で分かった。
 父博容疑者(35)が「昨年の8月ごろから、だいぶやせてきているなと思っていた」と供述していることも判明。県警捜査1課などは、智樹君が死亡する危険性を容疑者夫婦が認識しながら、放置したことが「未必の故意」に当たる可能性もあるとみて、殺人罪での立件も視野に調べている。 

【関連ニュース】
2カ月の娘揺さぶり死なす=母親を殺人容疑で逮捕-3日前、育児相談・大阪府警
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
夫への不満から虐待か=妻が供述、夫婦生活でストレス
父「食事、息子は別」=妹生まれた3年前から
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席

子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)
割引財源を高速道建設に=財政特措法改正案を閣議決定(時事通信)
<鳩山首相>「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で(毎日新聞)
12年度改定もネットプラスを要望―日薬(医療介護CBニュース)
AD