自民党の谷垣禎一総裁は25日、宮崎県で感染が拡大している口蹄(こうてい)疫問題について「赤松広隆農水相には口蹄疫を食い止める気迫が希薄で、結果責任も重い」と述べ、26日に衆院に、農水相に対する不信任決議案を提出する考えを示した。公明党との共同提案になる見通し。

【関連記事】
中山元外相、参院選出馬へ きょう自民離党
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏
いま「平成の保守合同」が必要だ
石破氏「首相は民意を軽んじている」
虐待が子供に与える「傷」とは?

仲井真沖縄県知事が日米合意案に不快感(産経新聞)
<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
<セクハラ>愛知県吉良町の副町長 指摘受け退職願を提出(毎日新聞)
<大雨>25日にかけ近畿・東北で200ミリ 関東は100ミリ(毎日新聞)
<宝くじ販売権譲渡詐欺>被害数百万円、容疑の男逮捕へ(毎日新聞)
AD