4日午後7時半ごろ、奈良県の大峰山系へ登山に出掛けた京都市左京区聖護院山王町、アルバイト作業員、林一樹さん(63)の妻(59)から「4日に下山予定だった夫と連絡がつかない」と奈良県警中吉野署に通報があった。県警などは、遭難した可能性があるとみて、5日朝からヘリコプターなどで捜索したが発見できず、午後7時に中断した。6日朝から再び捜索する。

 同署によると、林さんは1日に奈良県下北山村から入山。弥山(みせん)(標高1895メートル)や山上(さんじょう)ケ岳(同1719メートル)を経て、4日に同県天川村で下山して帰宅する予定だった。2日に弥山の山小屋で宿泊した記録が残っているという。

 林さんは約10年の登山歴があり、出発時はダウンジャケットなどを着用し、食料も多めに持っていた。【大久保昂】

【関連ニュース】
山岳遭難:63歳男性戻らず 奈良・大峰山系に1日入山
滑落:各地で相次ぐ 富士山、谷川岳で計2人死亡2人重傷
山岳遭難:北ア・白馬岳で男性の遺体収容 稜線から滑落か
雪崩:剱岳と御山谷で発生 2人死亡、1人重傷 富山
山岳事故:福井の女性が滑落死…北ア・鹿島槍ケ岳近く

手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは公務員目指す若者に(産経新聞)
普天間で日米実務者協議=「桟橋方式」など調整(時事通信)
<幹細胞>政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授(毎日新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
<トキ>卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
AD