鹿児島県阿久根市で庁舎内の職員人件費に関する張り紙をはがして懲戒免職になった元係長の男性(45)に対し、市が未払い給与やボーナスを支給するよう命じた3日の鹿児島地裁判決について、市は18日の控訴期限までに控訴せず、市の敗訴が確定した。

 男性は昨年7月、竹原市長から懲戒免職にされ、同8月、処分取り消し訴訟を起こすとともに、行政事件訴訟法に基づき効力停止を申し立てた。鹿児島地裁は同10月、効力停止を決定したが、市長は男性の復職を拒否。給与やボーナスの支払いにも応じていない。

 3日の地裁判決では「効力停止決定が出た以上、決定に従うべき義務があり、免れることはできない」として、判決確定前に財産の差し押さえができる仮執行も認めた。男性の申し立てに基づき、地裁川内支部は強制執行の手続きに入っている。

基本診療料の取り扱い、今度こそ本質的な議論を(医療介護CBニュース)
与党慣れせず、ヤジに過敏…閣僚に簗瀬氏苦言(読売新聞)
「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ-西山氏(時事通信)
<自民党>参院選目標「100から90議席に」…谷川秀善氏(毎日新聞)
道路凍結、標識に衝突し北大生ら2人死亡(読売新聞)
AD