政府は23日の閣議で、鳩山首相が昨年10月に私邸から引っ越す際の首相公邸の改修などで、約470万円を支出したとする答弁書を決定した。

 自民党の高市早苗衆院議員の質問主意書に答えた。

 首相官邸事務所によると、費用の内訳は、和室の床を畳からカーペットに変更した改修費と傷の修繕などの補修費が計約218万円、経年劣化に伴う内装補修費が約195万円、故障していた洗濯乾燥機2台の買い替え費が約61万円だった。同事務所は「首相が交代するたびに補修しており、今回が特別に高額な訳ではない」としている。

 公邸改修費については、自民党の与謝野馨・元財務相が2月12日の衆院予算委員会で内容をただし、首相は同日、「和室を洋風にして寝室にしている」などと記者団に説明していた。

清水前議員が自民離党(時事通信)
輸入ワクチン接種始まる=卵アレルギーの人ら-名古屋(時事通信)
焼き鳥店の開店準備、図書館のテーブル運び出す(読売新聞)
就職不安に付け込み不当契約=英会話会社に業務停止命令-消費者庁(時事通信)
飲食店・ホテルも全面禁煙に…厚労省が通知へ(読売新聞)
AD