栃木県日光市の日光東照宮など世界遺産に指定された2社1寺の3宗教法人が関東信越国税局の税務調査を受け、2009年までの5年間で総額約5億円の申告漏れを指摘されたことが8日、分かった。追徴税額は過少申告加算税などを含め、計1億円に上るとみられる。
 ほかに指摘を受けたのは、いずれも世界遺産で日光二荒山(ふたらさん)神社と輪王寺。
 関係者によると、東照宮と二荒山神社は、公益事業に当たらず課税対象となる駐車場収入などで、申告漏れを指摘されたとみられる。 

【関連ニュース】
【Off Time】アメリカ横断ドライブ シスコからNYまで6400キロ
【特集】世界遺産・熊野古道を歩く
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり

<強盗未遂容疑>交番に「拳銃よこせ」67歳逮捕(毎日新聞)
大分で住宅全焼、2人の遺体・4人重軽傷(読売新聞)
民主党 参院複数候補区「見直しも」 安住選対委員長(毎日新聞)
ナショジオ×ハワード・ジョーンズがタッグ 環境保護伝えるミュージック映像が街頭に
郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)
AD