25日午後9時ごろ、大阪市旭区千林のパチンコ店「パーラー千林」の店員から、「客が首から血を流している」と110番があった。男性客が刃物で首を切られており、搬送先の病院で死亡が確認された。
 大阪府警旭署員が現場に駆け付け、近くにいた自称同区今市、無職小西英雄容疑者(35)が刺したことを認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。同容疑者は「生きるのが嫌になった。(切り付けるのは)誰でもよかった」などと供述しているという。同署は容疑を殺人に切り替え捜査する。
 同署によると、死亡したのは同区の男性(43)とみられる。小西容疑者は店の外で座り込んでいたといい、男性について「知らない人」と供述しているという。 

【関連ニュース】
国道側溝に男性の切断遺体=胴体と両足、死体遺棄で捜査
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
「雷雨の日」、情報求める=発生1年でチラシ配布

首相動静(5月24日)(時事通信)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)
結婚詐欺容疑、41歳男逮捕=投資名目で3000万円―京都府警(時事通信)
虐待はどんな傷を残すのか(4)児童養護施設の夜(産経新聞)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
AD