発達中の低気圧の影響で北日本を中心に15日にかけ強い風が吹くとして、気象庁は14日、暴風や高波、吹雪による交通障害への警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、日本海北部にある低気圧が急速に発達しながら北東に進み、14日夜、オホーツク海に達する。この影響で北日本の上空に寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となる。
 北日本と北陸で風が非常に強く、北日本では雪を伴い吹雪となる所もある。予想最大風速は北日本の日本海側で海上25メートル、陸上20メートル、同太平洋側で海上25メートル、陸上18メートル、北陸地方で海上20メートル、陸上18メートル、伊豆諸島20メートル。
 北日本や北陸では大しけとなり、北海道日本海側では15日にかけても続く見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

割引財源で高速道建設=財政特措法改正案審議入り-衆院(時事通信)
<砂川事件>関連文書「不存在は遺憾」…答弁書を閣議決定(毎日新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
AD