WN平行カルダン駆動方式

テーマ:
WN継手平行駆動方式 赤い部分がWN継手WN平行カルダン駆動方式(ダブリューエヌへいこうカルダンくどうほうしき。WN Drive)は、電車の駆動方式の一種である。概要 WN継手模式図高速運転に適した電車用駆動システムとして、アメリカの大手電機メーカーであるウェスティングハウス・エレクトリック(WH)社が、傘下の機械・歯車メーカーであるナタル社(Natal Co.Ltd)と1925年以降共同開発を実施、実用化した。「WN」とは開発に携わった両社の頭文字(Westinghouse - Natal)にちなむ。もっとも、現在の米国では単にgear couplingと呼称される方が多い。モーターを車軸と平行に台車枠に固定し、モーターの出力軸と駆動歯車を、大きな偏位を許容する「WN継手」を介して接続する。WN継手の内部では、円筒形の内歯歯車と、その中に設置された外歯歯車の公差を利用して変位を吸収しており、内側の外歯歯車をばねにより固定することによって、かみ合わせが外れることを防ぐ構造になっている。WN継手は本来「カルダン継手」とは異なる機構であるため、厳密には「WNカルダン」という表現は誤用で、単に「WN駆動」「WNドライブ」と称するのが正確であるが、日本では主電動機の荷重を全てばね上の弾性支持とした、車軸無装架駆動方式の一種という意味で、慣例的にカルダン駆動方式の一種に含められている。歴史19世紀末期に始まった電車の技術は、20世紀に入ってからも常に高速化の方向へ進展していた。電気鉄道のさらなる高速化のためにはモーターの軽量化が不可避であり、またモーターの軽量化は磁気回路の縮小(軸トルクの減少)を意味する。そのようなモーターを使用しつつ、従来と同程度のモーター個数で輸送力を維持するには、従来を大幅に上回る高い回転数でモーターを回し、出力を確保する必要があった。従来、電気鉄道で一般に使用されていた吊り掛け駆動方式は、モーターに取り付けられた主歯車と動力を伝達されるべき車軸に取り付けられた大歯車を一体のギアボックスに納め、そのギアボックスがモーターの重量の約半分を支え、残る半分はばねで台車枠が弾性支持する、きわめてシンプルな構造の駆動システムであった。しかし吊り掛け駆動は、その単純さ故に欠点もあり、モーター重量の約半分が車軸にかかり、ばね下重量が大きくなる構造は、軌道の傷みを早

<日本原子力学会>原発トラブルに専門家の解説チーム発足へ(毎日新聞)
石川議員、民主離党へ=きょうにも最終判断(時事通信)
弘前市側が逆転勝訴=除雪入札「談合の証拠ない」-仙台高裁(時事通信)
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)
「約束違反」批判の的 マニフェスト重荷? 財源不足…答弁あいまい(産経新聞)
AD