11日午前2時15分から午前3時頃にかけて、栃木県高根沢町飯室の県道・高架橋で、乗用車やトラックなど計7台が絡む3件の事故が発生した。

 この事故で現場に駆けつけた、さくら署の清水崇文巡査長(28)が、近づいてきた車を避けようとして高架橋から11メートル下の地面に落ち、腰の骨を折る重傷を負ったほか、男女4人が軽いけがをした。

 発表によると、現場は片側1車線の坂道で、路面は凍結していたという。

<廃棄輸入義務米>バイオ燃料など有効活用を検討(毎日新聞)
鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年-鎌倉(時事通信)
<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
<縁切寺満徳寺資料館>外国メディア取材相次ぐ 願い事書き「縁切りトイレ」に短冊流す姿など(毎日新聞)
<防犯ボランティア>団体数、参加者ともに過去最多 09年(毎日新聞)
AD