九州新幹線つばめの新800系車両が2日未明、鹿児島県薩摩川内市の川内港から約22キロ離れた川内車両基地へ陸送された。全線開業を来年3月に控え、陸送は今回が最後。途中、軒先すれすれを通った住宅街では、多くの市民や鉄道ファンが撮影した。3日未明も残り3両が運ばれる。

【つばめもいます】新幹線図鑑

 2日搬送されたのは山口県下松市で製造、船で川内港に送られた2編成目・6両のうちの3両。長さ25メートルの車両はトレーラーに載せられ、前後に誘導車がつき物々しい雰囲気。国道の交通信号で何度も停車し、約2時間かけて慎重に車両基地へ運ばれた。狭い路地で作業を見ていた男性(65)は「住宅の壁をこするのじゃないかと、ハラハラした」と話した。【馬場茂】

【関連ニュース】
【こちらは昔のつばめ】昭和毎日:東海道本線全線電化
【つばめの別カット写真】九州新幹線:全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定
【写真特集】EF55:“ムーミン”機関車さよなら運転 始発上野駅にファン1500人
【動画】山陽新幹線・車両図鑑
【特集】さよなら初代新幹線「0系」 開通当時の懐かしい写真も

【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(上)お父さんだけ違う姓(産経新聞)
宝塚音楽学校 第96期生38人、紋付きはかま姿で卒業式(毎日新聞)
ネパールPKO、4カ月延長(時事通信)
張が先勝=囲碁十段戦(時事通信)
根室で30センチの津波(時事通信)
AD