鳩山由紀夫首相は4日、首相官邸に一般の国民を招いて対話する「リアル鳩カフェ」を開いた。レストラン経営者や農業者ら9人が参加。出席者が持ち込んだ豚肉や野菜を使い、首相官邸の庭でバーベキューを楽しんだ。首相は「政治家を辞めたら、農家をやりたい」と語り掛け、参加者の苦労話に耳を傾けた。

 リアル鳩カフェは2回目。参加者は農業政策について「良いものを作ろうとすればするほど、補助金から遠ざかる」と述べ、生産者側の自主性が尊重されない現状を批判。首相は「地域の主要作物に対して、戸別(所得)補償を必ずやる」と強調した。

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢幹事長、稲盛氏と会食 政権運営など協議か
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示
鳩山首相:参院選「2人当選に全力」
普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相

<救急搬送>7病院で受け入れ拒否、三重県の78歳女性死亡(毎日新聞)
普天間「腹案」閣僚と共有=鳩山首相(時事通信)
警察庁長官狙撃 延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)
「Jタロー」で縄文PR=青森県〔地域〕(時事通信)
AD