集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が14日、札幌地裁(石橋俊一裁判長)で開かれ、国側は地裁の和解勧告に応じる意向を表明した。原告側は協議入りに応じる姿勢を示しており、訴訟は和解に向けた話し合いに移る。
 B型肝炎訴訟の原告は、2008年3月に提訴した札幌をはじめ、東京、福岡など10地裁で計420人(遺族を含む)。これまで国側は、予防接種と感染の因果関係などで全面的に争ってきた。
 国側は14日の和解協議入りに当たり、具体的な救済案の提示は見送った。原告側との間では、救済範囲や賠償額で隔たりが大きく、和解協議は難航が予想される。 

【関連ニュース】
リコール非対象の原告除外を要求=米集団訴訟が初審理
14日に和解協議入り=札幌地裁の勧告受け入れ
救済案提示は見送りへ=和解協議入り、14日表明-B型肝炎訴訟で政府
被害者感情と国民理解を重視=B型肝炎和解、慎重に検討
和解協議応じる方針=B型肝炎訴訟で閣僚会議

口蹄疫にワクチン使用検討を=感染拡大防止で―農水省専門委(時事通信)
<猫虐待>25歳男を書類送検 「鳴き声うるさかった」(毎日新聞)
遺族「裏切られた思い」=福知山線事故報告書漏えい-信楽鉄道事故追悼式・滋賀(時事通信)
<口蹄疫>10キロ圏の全家畜処分 政府決定(毎日新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
AD