新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキの巣で卵2個が産まれたのを環境省が確認し、7日発表した。

 放鳥トキの産卵が確認されたのは初めてで、自然界では昭和54年以来31年ぶり。無精卵でなければ、順調にいけば今月末に最初のひなが誕生する。

 産卵が確認されたのは1歳の雌と3歳の雄のつがい。3月28日からどちらかが巣に残るなどの行動がみられ、産卵の可能性が高いとみられていた。今月6日、約150メートル離れた地点から卵2個を確認。卵は4個ある可能性もある。

 環境省は7日、別の放鳥トキのつがい1組でも、産卵があった可能性が高いと発表。もう1組も巣を作っている。

 山階鳥類研究所の山岸哲名誉所長は「卵の天敵はカラス。人間が近づいて親が巣から離れれば襲われる可能性が高い。そっとしてあげて」と話している。

<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴へ-水戸地検(時事通信)
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲-福岡県警(時事通信)
花見 好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)
<年金監視委>権限を強化…政令に基づく組織に(毎日新聞)
AD