【ロシア宇宙庁飛行管制センター(モスクワ郊外)=佐藤貴生】国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在した宇宙飛行士、野口聡一さん(45)らを乗せたロシアの宇宙船「ソユーズ」がモスクワ時間の2日午前7時25分(日本時間午後0時25分)、カザフスタンの草原地帯に着陸、無事に地球への帰還を果たした。約5カ月半(163日)の宇宙滞在は日本人としては最長で、日本の宇宙開発の歴史に新たな一ページが刻まれた。

 野口さんら3人のクルーはモスクワ時間の2日午前0時ごろソユーズの帰還用カプセルに移動し、ハッチ閉鎖後の午前4時過ぎにISSを離脱。大気圏再突入の約20分後、着陸した。待機していた航空機や水陸両用車などを含む捜索隊が向かい、野口さんら3人の無事を確認した。

 野口さんらは今後、無重力環境で弱まった骨や筋肉を回復させるリハビリを個別に受け、約1カ月半をかけて地球の重力に身体を慣らしていく予定だ。

 野口さんの宇宙飛行は2005年の米スペースシャトル搭乗以来、2回目。宇宙滞在期間は前回飛行と合わせて計177日となり、若田光一さん(46)の計159日を抜いて日本人最長となった。

新型インフル総括の取りまとめを開始―厚労省会議(医療介護CBニュース)
アユ 多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
<普天間移設問題>官邸と社民に亀裂 民主党内にいらだちも(毎日新聞)
雑記帳 カバの歯磨き 円山動物園(毎日新聞)
辻元・国交副大臣、涙ぬぐい「さみしいしつらい」(読売新聞)
AD