兵庫県尼崎市在住の50歳代の韓国人男性が、タイで養子縁組したという554人分の子ども手当(年間約8642万円分)を同市に申請していたことが、24日明らかになった。市は「支給対象にはならない」と判断し、受理しなかった。
 同市によると、男性は22日午前、担当窓口を訪れ、妻の母国のタイで孤児院などの子ども554人を養子縁組したと説明し、公的機関が発行したという証明書を持参した。しかし、市が厚生労働省に照会したところ、「極端に人数が多い」などの理由で支給対象にならないと回答があったため、受理しなかった。 

【関連ニュース】
留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で
高島屋、東京店で顧客情報14人分紛失
高島屋、32人分の顧客名簿紛失=大阪店のマタニティー売り場で
在メキシコ大使館にハッカー侵入=個人情報2700人分流出か

<トキ>繁殖うらやましい? ペアの巣に別の雌接近(毎日新聞)
学力テスト 抽出方式、募る不満 「大切な指標なのに…」「地方に負担押しつけ」(産経新聞)
「まさかジオスまで」再び繰り返された混乱(読売新聞)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
風俗事件、3年連続減=パチンコ、マージャン店は最少-警察庁(時事通信)
AD