思い出

テーマ:

 

 

毎年、秋口になると、

ナツメの真っ赤な実がなっていた、

ご近所のお宅。

 

落ちている実を、ひたすら食べる

風太郎サンの姿を、ニコニコと笑いながら

見ていてくださった、奥様が亡くなられて、

解体されることになったそう。

 

青々と美しく茂っていた庭木も、

解体準備のため、伐採されてしまって、

風太郎サンが大好きだった、ナツメの実も、

今年は、ないんだねぇ・・・。

 

なんだか、儚げな夏の日です・・・。

 

コチラ、2008年の写真。

剪定で切り落とされた枝から、

まだ青いだろうっつう実までも

ご相伴にあずかる風太郎サン。

 

食いっぷりに驚く前に、

彼の細さに驚くぜ・・・。

 

 

 

AD

コメント(2)