【女神】自分を語る勇気

テーマ:
女神の皆様のごきげんよう、

世野尾麻紗子です。



最近、やっと

今まで秘密にしてきたことも

ブログでは

あえて語ろうとしなかったことも

書いていこうと思いました。


そんで、そんな気分の時に

ふと子宮委員長はるちゃんが浮かんで

3年前くらいの

はるちゃんの記事を読み直してみたら

いいねが、

15とか20とか

今とは比べ物にならないぐらい

少ないわけです。


でも、

はるちゃんはそんなときから

自分のことを

嘘偽りなく

本気で、

腹の底を開けっぴろげに

書いてました。



凄いなーと思った。


誰がなんと言おうと、

自分を語る。



それって、すごい勇気。

嫌われることも

悪口言われることも

ディスられることもあるのに

それでも書き続ける勇気。


もう、3年くらいはるちゃんに

会ってから経つけど

わたしはまだまだ

上っ面しか

話してなかったんじゃないかと

思っちゃう。

はるちゃんの記事を読むと(笑)



胎児と話せるようになって、

宇宙のことや

生まれる前の世界や

死後の世界について

嫌というほど話を聞きましたが

その世界のことは

あんまり触れなかった。


自分自身が触れたくなかったのもあるし、

ブログで書いて伝えられる

自信もなかった。



だから、遠回りしたけど

胎児と話す方法を妊婦さんに教えたり

子宮との話し方、

体との話し方、

命と話す方法、

体感なんかを教えてきたけど

そろそろ、

生の世界、死の世界

いのちと神様のことを

話していってもいいような気がした。



はるちゃんをみてると

そんな勇気をもらえます。





石の上にも三年。



自分の本音を

三年間語り続けたら

世界は変わる。



それを、はるちゃんは

体を張って魅せてくれた。




とりあえず、新しい流れに

乗ってみようと思います。




はるちゃんと初めて
イベントした時のレポが
懐かしいので貼ってみた。

はるちゃんは、今も昔も変わらず
腹を割ってますな。

http://s.ameblo.jp/jj-haru/entry-11529441210.html


この記事前後に、

布ナプキン製造が始まったり、

吉原へ転職したり

かなり、面白いことがたくさん

詰まってるので

ぜひ、はるちゃんぶろぐを

読み返してみてください。



原点回帰は大事ですね。