4月20、21日と2日間にわたって開かれた Search Engine Strategies Conference & Expo 2005 に立ち寄ってきました。昨年に引き続き2回目の開催ですが、市場規模が急拡大している業界らしく大変活況でありました。

ヤフー、グーグル、オーバーチュア、バリューコマース、JWordといった面々から、CAサーチ、セプティーニ、アウンコンサルティングなどといったSEM絡みの代理店までほぼ業界のメインプレイヤーが勢揃いといった感じで基調講演をはじめ楽しいお話を聞けました。

(満足と言いたいところですが、既知の内容が多かったのも事実でしょうか。聴衆はクライアント先社員、メディア取材陣、同業他社さんなどといった面々でしたので、もう少し新鮮なネタであっても良かったような。)

 

バリューコマースさん始めいくつかの会社の方の講演で、最近(でもないか?)よく耳にするロングテール論

について触れていたのが印象に残りました。

 

(他参照記事)

 http://blog.japan.cnet.com/watanabe/archives/001711.html

 http://blog.japan.cnet.com/watanabe/archives/002012.html

 http://blog.japan.cnet.com/watanabe/archives/002056.html

 

代理店さんのブースでは各社SEOやリスティング最適化のノウハウについて説明されていましたが、いまいち違いがはっきりとは分からなかったです。それほど独自のものはまだ登場していないのか、アチキが単にホーアだったのか。

 

そんななかサイバーさんは入社間もないと思われる社員さんらがベルディユニフォームを着て社長の本を売ってますた。来場者のメンツからしてほとんど売れなかったと思います。代理店なのにターゲティングを間違ってるのか?単にナメテルのか?お祭りだからこれでいいのか?

自社のサービスはどういう点で他社との差別化を図っているのか、今後どういったビジョンで展開していくつもりなのか、そのあたりをアピールする場所じゃないのかなぁ?と株主としてはちょいとハテナ?なブースでありました。(営業力や先行者としての強みは認めるところですが、社長の本売ったり、SEMシェア1位という結果をアピる場所じゃないだろ?って思っちゃいますたよ。)

AD

スカウトマン参上!

テーマ:
アチキのブログもスタートして2ヶ月ほどになりますた。
他の方々のブログを拝見してみると、人によって株との距離感というか取り組み方がいろいろであるということに改めて気づかされます。
 (良いか悪いかはここではスルーしてしまいます。)

というわけで、
今日はズンズン太郎の投資スタンスについて語ってみることにします。

渋谷の109前や公園通りを歩いていると、怪しいお兄ちゃんが若い女の子に声をかけている光景に出くわしますね。
タレントやAV女優さんを探しているスカウトマンから
キャバクラなどのお水系・ヘルスなどの風俗系などのキャッチのお兄さんまでいろんなタイプのお兄ちゃんがいます。

 実はズンズンもなにを隠そう、いつも09前にたむろしているお兄ちゃんだったり
 します。

 アチキの担当はまだまだ幼いけど2,3年後に化けそうな女子中学生を
 スカウトすること。
ぱっと見まだまだ体つきもベンチャーなんですが、どこか光るものを持っていそうな女の子の登場を雨の日も風の日もひたすら待ち続けて街に立つのです。

 週末に109前で張っていると、地方から遊びに来た女子中学生がおおぜい目の前を通り過ぎます。ほとんどは住まいもルックスもどうでもいい圏外なんですが、2,3年後に安田美沙子か若槻千夏あたりに大化けしそうな上物にたま~に遭遇します。
2,3年後には時価総額で10倍ぐらいは見込めそうだな~とピーンと来たら即行動。
ターゲットが母親(親会社)と一緒の時は両方一緒に親子丼で口説かなくてはいけません。無事にタレント契約に至るのなんて年に数銘柄ですから。

説得に成功してプロダクションに登録してもらってからも面倒は見続けなくてはいけません。
ズンプロは登録料やレッスン料で稼ぐ詐欺まがいのところではないのですから。

年に一度は総会とやらで更に綺麗になったその子を確認しに行きましょう。
自分を磨くために必要な追加投資(増資)には進んで応じます。
この子が将来売れればそんな出費など誤差の範囲。
たまには恋の悩み相談IRにものってあげましょう。
いろいろインサイドな状況が把握できるでしょう。
クラスが替わって夜間から2部、1部に上がっても応援し続けます。

スカウトマンとしての得意分野は女子中学生ですから、他の分野にまで手を出すことは
やめましょう。
 時代遅れのボディコンスーツに身を包んだ不良再生キャバクラ嬢
中国で大人気の熟年ヘルス素材嬢をスカウトしようとしてもうまくはいかないのです。

とにかく眼力を鍛える事です。
日々精進するべく街に立っています。

ラストクリスマスのメロディーが悲しく胸に響いてきます♪

どんとポチイ。



AD
日本株やる前にアジア・アメリカ株で株を覚えた自分ですが
日本株始めてみて「市場の周りにノイズが非常に多い」と感じることが増えています。特に新聞・証券会社などの訳知り顔のコメントがうざいです。
一日の相場が終わったあとのこじつけのような概況コメントが・・・
(まぁ、ほとんど読まないんですが)

最近は株式市場が低迷気味であることもあり、金利上昇または原油価格上昇をその理由とする論調も多いですね。最近株を始めた友達なんかにも「金利が上がってきたから・・・」なんてしたり顔で言われてしまいます。

そこで今日は(たまにはマジメに)↑のグラフで勉強してみましょう!

大きく分けると、中央銀行の利上げには2種類あります。
(1)景気を持続可能な成長に載せるための利上げ(1994年の米国。95年以降力強い株価上昇が続いた)
(2)景気過熱を抑える利上げ (1999年の米国)

すなわちアクセルを緩める利上げとブレーキを踏む利上げの2種類があるといえます。
今回は実質金利をゼロ(もしくはゼロ近くまで)にして、雇用や設備投資が回復してきている過程での利上げですから(1)にあたると考えています。
短期的な相場の上下はともかく、ズンズンは日本株に対して強気を維持したままであります。
ただしこの過程ではその前段階の金融相場の時とは違った業種にスポットライトが当たることが多いので、銘柄選択には注意が必要ですね。

まぁ、でも言葉だけでなくグラフなどで見てみると分かりやすいですね。
利上げ開始時はフラフラしますけど、そのあと1995年のアメリカのような相場にバトンタッチできれば日本経済も真に復活したと言えるのでは?

AD