微笑みの国で漫画家生活。

タイを拠点にアジアで活動中の漫画家です。漫画の描き方も教えたりしてます。なんだかんだで今年で海外9年目です。似顔絵漫画スタイルも得意です(1人5分描き。常にイベントで長蛇の列でいつもガクブル)☆よろしくです☆

シンガポールで日本人向け情報誌「パルティ」にて
『マーライオンとワルツ』 体験ルポ漫画で4年と3か月連載!
2013年1月号で終了。皆様ご愛読ありがとうございました!

タイで日本人向け情報誌「バンコクマダム」にて
『ひとりでチムジュム何が悪い』日常ルポ漫画連載中!
http://www.bangkokmadam.net/
バンコクマダムサイトで閲覧可!
私の簡単な紹介も同ウェブサイトで紹介いただいてます。
http://www.bangkokmadam.net/ci/store/store/index/290

他、シンガポールの日本人向け情報誌「マンゴスティン倶楽部」にて
お仕事コラムのカットイラストを描いてます。ローカルの雑誌などにも。

スタジオミュウ絵画教室にて漫画の描き方教えてます☆
href="http://www.studiomiu.co.th/">http://www.studiomiu.co.th/
名刺作成、似顔絵などの作成も受け付けております。(以下詳細紹介)
http://ameblo.jp/zunkozunko/entry-11241916655.html#main
http://ameblo.jp/zunkozunko/archive1-201302.html
希少な漫画タッチの似顔絵!デジタルと手描き両方可能です。

イベントでの似顔絵描きやお絵かき教室も行っておりますので
お気軽に下記へお問い合わせ下さい。
zunkomanga@gmail.com


テーマ:

日本のアニメ・漫画文化が好きなタイ人は多いです。

年数回大きなイベントがあり毎月どこかしらでも

行われています。

Comic conやAnimation Festival Asiaなど。

シンガポールでも行われているけど

第一回目の感動に比べるとどちらもちょっとづつ

露骨に営利目的が目立ち始めてるのが残念。

しかしOTAKUっ子にはコスプレを楽しむ場所として

コスプレしたり、カメラ撮影したりと

連日多くの人が訪れます。

 

タイにも同人誌即売会があると知り合った

タイ人腐女子から聞いて行ったこともありました。

場所はセントラルワールド・チッドロムという

セントラルで駅から直結でいける高級デパート内にある

イベントスペース。

 

しかし日本と違うのはコスプレ禁止。写真撮影禁止。

あくまで同人誌即売会がメインという空気。

売れっ子の方のブースや日本で漫画家としてデビューした

タイ人作家さんなど紹介いただいて想像以上に

レベルが高いな!と思った。

100~200ブースくらいしかないけど遠くから来てる

人も少なくないという年1回やる一番大きな即売会らしい。

日本語タイトルの本も多数あってツボだったのが

 

 

見た瞬間大爆笑して「うなじ!うなじ!」と言ったら

ブースのタイ人の人たちも大爆笑してた。

ここをタイトルにするとは良い目の付け所だぜ!

 

しかしこちらのBL(ボーイズラブ)本はキスとかハグとか

大変軽い表現のものが多かった。

やはり仏教国。激しい表現は印刷所では受け入れてくれないという。

もちろんこういう場所での販売も禁止。

でも直売とか印刷所も他国でするのかわからないけど

色々売る・買うルートはあるみたいです。

 

他にもシールや手帳など小物も販売されてた。

手帳は結構あって意外だったなぁ。表紙だけキャラもので

中身はふつうのノート。

 

しかしこういう場所は落ち着く。

広い目で見れば日本大好きっ子達だからね!

言葉は通じなくてもなんとなく意志が通じる感じが良い。

まぢ国境越えますわ!

 

世界中で行われてるアニメ・漫画のイベント。

に限らず「日本大好き!」てイベントは

アフリカとかでも行われてるので

色々回ってみたいなぁというのが

ずんこの夢の1つでございます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ずんこは長くタイにいるけど

 

あんまりタイ化してないね。

 

とよく言われます。

これは‘南国人化‘を意味します。

よくあるのが

 

・時間にルーズ

・お金にシビアすぎ(シンガポール除く南国)

・手抜きの洋服や化粧。

 

 

この3点かな?

 

【時間にルーズ】

私も5分程遅れることは多いので多少時間にルーズだけど

30分~1時間遅れることはまずない。

その可能性がある時はかなり前にお知らせする。

平日の夕食だと会社帰りとかで「渋滞」や「急な対応」

で遅れて来る場合がよくあるので食事に遅れて来るのは

別に気にしない。

よくあるのが待ち合わせ時間になって

「●●分遅れます」とかいうの。

数分ならまだしもね。

食事会とか近くに暇つぶしできる場所があれば

割と待てるけど周囲何もない場所だと大変困る。

まぁこれが飛行機だったり映画だったり

時間が決まってるものなら容赦なく先行くけどね。

特にローカルはルーズ。仕事でもルーズ。

日本人もそんなローカルの影響で

「どうせ遅れて来るなら俺も遅れて行こう」

という考えになりがちでそれが日常に出てしまう。

なので一番なりやすい南国人化が時間にルーズ。

しかし日本人奥様は本当にきっちり守る

(もしくは10分前とかに来る)とかで

奥様方と待ち合わせする時は数分前着で行きます。

 

【お金にシビアすぎ(シンガポール除く南国)】

これは特にタイかな。

物価が安いということに感覚が慣れてしまってる

から、高級なレストラン行こうとすると

「高い!」と言われる。でもそれ相応の価格

なんだけど比較対象が安いから、どうしても

その数倍となると高いと思われてしまう。

というのが多いと思う。

ちなみに

一人外食で200~500B。

飲み会で1000B~1500B。

その上だとステーキとかワイン目当てとか

質の高い日本料理店とかだと1500B以上。

せっかく各国のレベル高い料理を安く食べれるなら

個人的にはそういう店も行ってみたいので

1~2カ月1回くらいでこういうお店も行ってます。

内装、サービス、料理すべてに癒されます。

何よりドレスアップしてお出かけしたい!

というのが一番の理由かもw

ワインは関税が高いせいで日本よりも高いですが

料理は日本よりも安いんです。

なのでこういうレストランに付き合ってくれる

友達は貴重。ちょっとお酒にこだわりがある人が

付き合いが多い気がする。

 

【手抜きの洋服や化粧】

まぁこれはね。日本にいる女性に比べると

どうしても手抜きなっちゃうけど

南国だから暑いから化粧が崩れやすいとか

風通しの良い体に密着しない服が良い

とか色々理由はあるにしても

くたびれすぎたチュニックや眉毛さえも

書いてないとか髪がぼさぼさとかはなぁ…。

特にフジスーパーで見かける。

恐らく徒歩圏に住んでいる人なんだろうけど

うんまぁ本当凄いなっていう人たまに見る。

あと男性もね。

はーぱん、Tシャツは別に良いんだけど

「THEおっさん」て恰好の人多い。

腹が出てるとか関係なしに。

もう少し服装に興味持ってもいいんじゃないかな?

靴だけ替えるとか、さ!

と勝手によくファッションチェックしてます。

 

さて豪雨も止んだしちょっと用事すませに

外出しますかね。

タイはもう雨季ですよ~。涼しい♪さばい♬

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

この分析個人的にはかなり自信ある。

「好きなタイプと好きな人は違う」

て意見もあったけどそりゃそうだ。

だけど実際言葉で現るとこういう結果に

なりがちと思います。

やっぱ女性は現実的で男性は夢追い人。

 

私も10代の頃は背が高くて優しくて~とか

あったなぁと思う。

二十歳前後での結婚って一番純粋に

できた結婚じゃないかなぁ。

年取るとパートナー選びはなんだかんだで

難しくなる。今日友達に

 

ずんこは普通の駐在員とか好きにならない。

ちょっと変わった人間に興味示しちゃうから

なんだかんだダメんず選んで泣いてそうw

 

て言われた時ちょっとギクッてした。

 

性格が優しくて安定した職業…

の人に興味沸いてたらもう結婚してると思う。

 

婚活パーティとか出席してる人じゃなくて

飲み会とかの席で知り合った人とかの方が

デートする確率高いから。

 

難儀だなぁ我が人生。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。