2008-08-21 18:52:51

Zazen Boys -「Asobi」と「Weekend」

テーマ:邦楽

今日は洋楽じゃなくて、邦楽の記事ですー。ナンバーガール (NUMBER GIRL)関連の記事は書いたことないなあってふと思いましたので、ちょっと書いてみました。ナンバガ好きだった人はやっぱりZazen Boysを聴いていたりするのかな?


で、Zazen Boysのニューアルバム「ZAZEN BOYS 4」(9月17日発売)の試聴会があると言うニュースです。私はナンバーガールが大好きなので、向井さんの動向は多少は気になります。


新作試聴会のニュース

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=20303



ナンバーガール (NUMBER GIRL) は今でもたまにCDを聴いたりDVDを見たりしています。ピクシーズを思わせる怒涛のロック感が最高でしたね。今でも大好きです。


私は解散後に後追いで聴いたので、ナンバガのリアルタイムは知らないのです。洋楽ばっかり聴いていた時期でしたからねー。一度、ライブを見たかったです。


その後の、向井さん率いるZazen Boysの方はというと、ちょっとリリース作については正直、戸惑っていたという感じでした。


もうちょっとスピード感を求めているのかな。それとも、向井さん個人への熱烈なファンじゃないからなんだろうかな。向井さんが今更、ナンバガのコピーをしても仕方ないんだろうと言うことは理解しているつもりだけどね~。とりあえず、何となくちょっと敬遠気味でした。


でも、Zazen Boysは音的にも詩的にもなかなか独特ですよねー。新作からの、YouTubeで上がっている「Asobi」や「Weekend」は非常に新鮮で印象的です。


いつも試聴するぐらいで終わっていたけど、今回は個人的には、ちょっと初めてZazenのアルバムを買ってみようかなー、なんて思わせます。ちょっと期待です。


Myspace でも「Asobi」は聴けるんだけど、せっかくだから「Asobi」と「Weekend」のPV動画をリンクさせておきます。HP からでも見れます。この2曲の、バックの演奏の奥行きの深さに今ちょっと惹かれています!


Asobi  (←クリック)


Weekend  (←クリック)


ZAZEN BOYS4/ZAZEN BOYS
¥2,600
Amazon.co.jp


Zazen Boys 4

ジャケ画ですー。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-08-20 09:58:54

Monochrome Set、Danny Wilson、35 summers、Feltの名曲

テーマ:複数のアルバム オムニバス その他

未だ新譜は聴き込み中なので、今日は私の大好きなギターポップの4曲を動画(PV)で紹介します!


過去にもこれらの曲やアーティストについても記事を書いたけど、その頃はYouTubeなんてなかったですからねー。良い時代です。


しかし、Monochrome Set(モノクローム・セット)の動画って結構あるんですねー。「Wallflower」が一番好きなんだけど、「Jet Set Junta」も大好きです。こちらMonochrome Setの記事を過去に書いています。


Danny Wilson(ダニー・ウィルソン) の「Mary's Prayer」は躍動感もあって、サビも素晴らしい出来だし、テンションも高揚するような名曲ですね。未聴の方にはぜひ、聴いて欲しいです。こちらDanny Wilsonの記事を過去に書いています。


35 summersの「Really Down」の動画がYouTubeにUPされているとは全然気付かなかったです!嬉しい!この曲については過去のこちら の記事でも触れています。


音はちょっと籠っている感じですけど、曲の出来はイントロから抜群です。この曲は私の大好きな曲のベスト10には間違いなく入る爽やかなギターポップチューンなので是非とも聴いて欲しいです。


Felt(フェルト)はすでに前から私の記事を読んでくれている人はご存じのように、私の大好きなギターポップバンドです。こちらこちら に過去に記事を書いています。


好きな曲はイッパイあるんですけど、この「Primitive Painters」は名曲です。キラキラしたギターの音と、バックコーラスとボーカルとのサビの部分が大好きです。もちろん全体通しても名曲なので、これも必聴です。


ネオアコ/ギターポップは今でも好きなジャンルですけど、私の好きな曲にはなかなか動画がない状態なので、この4曲の動画を紹介する事ができて良かったです!


Danny Wilson - Mary's Prayer (←クリック)


Monochrome Set - Jet Set Junta  (←クリック)


35 summers - really down (←クリック)


Felt - Primitive Painters (←クリック)


Crumbling the Antiseptic Beauty/Felt
¥1,665
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-08-18 17:12:17

The CureとBen Foldsの「In Between Days」

テーマ:洋楽 A-E

オリンピックばかりTVで見ていて未聴のCDが捗っていません。そろそろ溜まっているCD聴かなければ。。


と言う状況なので、今日はちょっと勝手の違う記事です。


The Cure(ザ・キュアー) の85年のオリジナル曲「In Between Days」、それをカバーしているBen Folds(ベン・フォールズ)のバージョンと聴き比べをしてみました。YouTubeで動画やPVがUPされていますので、双方ともどうぞです!


The Cure - In Between Days  (←クリック)


Ben Folds - In Between Days  (←クリック)


そういえば、Ben Folds9月17日に新作アルバム「Way To Normal」、The Cure10月13日に新譜の「Dream Thirteen」が出ますね~(日本盤)。


両方とも今から楽しみです!


タイトル未定/ベン・フォールズ
¥2,520
Amazon.co.jp
ドリーム・サーティーン~デラックス・エディション(初回生産限定デラックス・エディション)/ザ・キュアー
¥2,800
Amazon.co.jp


Cure


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2008-08-16 15:37:53

再結成 The Verve(ザ・ヴァーブ)の新譜の試聴

テーマ:洋楽 U-Z

一応試聴場のURLを上げておきます。

http://www.parlophone.co.uk/forth/  (←クリック)


フル試聴じゃないけど、新しいアルバムの概要を掴むには十分な試聴時間だと思います。UKでは8/25、日本盤の発売日は9/3に予定されています。


日本盤にはボートラも含まれるし、初回盤にはコーチェラ・フェスティバル (2008年4月)での「Sonnet」など5曲のライブDVDが付く予定です。


聴いたところ、「Rather Be 」や「I See Houses 」、「Love Is Noise 」がなかなか良さげな雰囲気を持っています。全般的に緩急がついていて、ヴァラエティに富んだ内容みたいで聴きやすそうです(動画をリンクさせておきました)。


再結成のバンドの新譜ってなかなか手が出にくいところだけど、The Verve(ザ・ヴァーブ)の新譜は買いかな?なかなか良さげです。楽しみ!


(曲目)

1 Sit And Wonder
2 Love Is Noise
3 Rather Be
4 Judas
5 Numbness
6 I See Houses
7 Noise Epic
8 Valium Skies

9 Columbo

10 Appalachian Springs


FORTH(初回限定盤)(DVD付)/ザ・ヴァーヴ
¥2,624
Amazon.co.jp

(追記)

Myspaceからも試聴できますよ!

http://www.myspace.com/theverve  (←クリック)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-08-15 22:40:15

Talking Heads(トーキング・ヘッズ)の全米TOP40入りした曲、など

テーマ:洋楽 P-T

今日は私の大好きなバンド、Talking Heads(トーキング・ヘッズ)の話題にしたいと思います。


とりあえず、彼らはアルバムアーティストだったので、シングルヒットは少ないのですけど、USでTOP40入りした曲をYouTubeからの動画とリンクさせたいと思います。↓


78年 Take Me to the River (26位)


83年 Burning Down the House (9位)


86年 Wild Wild Life (25位)


約11年ぐらいの活動歴で、TOP40入りしたのは、たったの3曲なんですねー。まあ、彼らはシングルヒットを意識しなくてもアルバムが売れていたからなんでしょうね~。


この3曲の中では、「Wild Wild Life」が結構ヒットシングルを意識して作ったのではと思いますね。ぜひクリックして聴いてみてください!


次にUSチャートに上位でランクインした曲となるとこの曲になりますね~↓。私は大好きです。



85年 And She Was (54位)


彼らの6枚目のアルバム、「Little Creatures」からの曲ですね~。このアルバムは当時、飾らないシンプルさと楽曲の良さがとても新鮮でした。独特のボーカルも素晴らしいです。


このアルバムの中の「The Lady Don't Mind 」や「Stay Up Late 」などのキャッチーな曲や、ちょっと長尺で転調が特徴的だった「Television Man」とかも大好きでした。彼ららしいカントリー風味の「Road to Nowhere 」なんて聴いたことある人、多いと思います。


リアルタイムで初めて聴いたアルバムだったということもあって、私はこの「Little Creatures」が彼らのアルバムの中では一番好きです。


2位は名作の名が高い「Remain in Light」ですねー。3位は迷うけど私は「Fear of Music」かな。いつも3位ぐらいを決めるのを悩みます。


今日は記事に使うためにTalking Headsの動画を探しているうちにテンションが上がりました!それぐらい好きなバンドですね~。


Little Creatures/Talking Heads
¥1,384
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。