1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-06-28 00:44:32

Stars - Do You Trust Your Friends ?(感想)

テーマ:洋楽 P-T

5月に発売にされたカナダのStars(スターズ)のリミックス盤です。頭痛のせいで、すっかり記事を書くのが遅くなりましたが。。


参加しているのはArts&Crafts周辺のカナダのアーティストが殆んどですね。そのせいか、やっぱり一ひねり効いた出来栄えです。


ジャケ画をクリックで試聴可です。

Stars
Do You Trust Your Friends?

前にもここ に予告を書いたけど、05年の「Set Yourself on Fire」が大元のアルバムです。やはり元の曲が良いせいか、気持ち良く聴けます。「Ageless Beauty」はThe Most Serene Republicによって、かなり不協和音が伴うアレンジになっていますが、これはこれで面白いです。


私が好きなのはですね、今年始めに生で見たJason Colletによる「Reunion」ですね~。フォークロックぽい素朴な雰囲気ながら、今風のアレンジがとても効果的だし、歌いっぷりが味があって良いです。生だったらStarsより聴かせるかもしれないですね(苦笑。


原曲のアレンジとあまり変わらない「The Big Fight」や「Celebration Guns」、Apostle of Hustleによる大胆なアレンジながら叙情的な雰囲気をオリジナル同様に醸し出している「One More Night」、Dearsによる「What I'm Trying to Say」もとても聞き応えがあって素晴らしいと思います。


まあ全曲書き出したらキリがなくなって私が眠れなくなってしまいますので、後は是非このアルバムを聴いて欲しいと思います。

その際は是非オリジナルの「Set Yourself on Fire」も聴いていただきたいです。今はちょうどMetricによる「He Lied About Death」が流れている所ですけど、うーん、なんとも不思議で宇宙的ながら爽やかな音が魅力的です!


こちらもジャケ画をクリックで試聴可です。

Stars
Set Yourself on Fire
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-06-23 00:34:05

Marillion(マリリオン) - Kayleigh

テーマ:洋楽 K-O

80年代洋楽」で良いのかな? 79年から活動している、今は「ネオ・プログレッシブ・ロック」(よく分かりませんが。。)という括りをされることが多いUKのロック・バンド、Marillion(マリリオン)の85年のヒット曲、「Kayleigh」。


YoutubeにPVがあるとは思わなかったけど、私自身はよくラジオで聴いたり、PVを見た経験があるので久しぶりに聴いて嬉しかったです。この頃のフロントマンのFishの独特のボーカルと、ちょっと切ないメロディーが好みでした。


85年にUKで2位まで上り詰めたヒット曲です。USでも74位まで行ったんですよ。この頃はUKはニューウェーヴの嵐だったので、こういう正統なロックのシングルがヒットしたことは新鮮だった事を思い出します。


是非、PVを観てみてください!


Kayleigh - Marillion


http://www.youtube.com/watch?v=cwNVfNc1IQM (←クリック)



この曲が収録されているアルバム、「Misplaced Childhood」もなかなか聴き応えのある一枚です。リイシューされた際に2枚組になったものや、ボーナスディスクが追加されたりして入手はとても容易です。

Marillion
Misplaced Childhood

試聴

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2000474796


2005年には国内盤でも再発されています(一度94年にも再発)。アルバムは「過ち色の記憶」という邦題です。「Kayleigh」は「追憶のケリー」という邦題です。複雑なスペルだけど「ケリー」で良かったのね、という変な感想も思い出しました(苦笑。


マリリオン
過ち色の記憶(紙ジャケット仕様)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-06-17 01:41:26

China Crisis(チャイナ・クライシス) - Wishful Thinking

テーマ:洋楽 A-E

この曲も久々にPVを観ましたね~。


80年中期にスマッシュヒットを連発した、UKの、China Crisis(チャイナ・クライシス)の84年にUKで9位まで上り詰めたシングルの「Wishful Thinking」。エレクトロと生楽器をうまく使って、かつとても雰囲気のあるポップな曲ですよねー。今でも活動しているみたいです。79年から活動しているから、すごく長いですねー。


「Wishful Thinking」(PV)

http://www.youtube.com/watch?v=oj20LKdg8-8


この曲は2ndアルバム、「Working With Fire And Steel」(UK20位)に収録されていた曲です。


85年のアルバム「Flaunt The Imperfection」(プロデュースはスティーリー・ダンのウォルター・ベッカー!)に収録されていた「Black Man Ray」(UK14位)もよかったです。ちょっと和風な雰囲気も感じる、壮大な爽やかな曲です。おお、これもPVがありますね~。


「Black Man Ray」(PV)

http://www.youtube.com/watch?v=E2UriAMDuwA


個人的には殆んどヒットしなかったけど、89年のシングルの「Red Letter Day」も好きな曲でしたし、結構好きなグループでした。


オリジナルもちょい頑張れば入手は可能ですけど、やはりベストの方が入りは良いと思います。やはりベストなら「Diary A Collection」がオススメです。キャッチーな曲からスルメの曲まで良い曲揃っています。しかし、いつも思いますけど、なんとなく不思議なジャケですよ。「中国危機」なんて直訳じゃないですか(笑。


試聴 ↓

http://www.hmv.co.jp/product/detail/705773


China Crisis
Diary A Collection

Myspaceでも4曲ほど聴けます。ここで聴ける「Christian」も味があってとても良い曲です。ご一聴ください!

http://www.myspace.com/chinacrisisgaryeddie

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-06-15 00:36:05

Birdland(バードランド) - Shoot You Down

テーマ:洋楽 A-E

うーん、しかしBirdland(バードランド)のPVがまた見れるとは思わなかったですよ。。


前にここ にも書いたけど、91年頃のUKのバンドです。セルフタイトルのデビュー盤(邦題明日なき世代)で、自然といなくなりましたねー。「一発屋」とか言いたいけど、一発すら出なかったような。。


本国UKでも流行っていなかったと思いますね。私は確実に当時、雑誌「ロッキン・オン」に騙されて買ったんですけど(苦笑。マニックスのデビュー時ぐらい、日本のデビュー前から大量のインタビューを読まされた記憶があります。


PVで観れるのはアルバム1曲目の「Shoot You Down」です。突出した曲ではないですけど、ストレートな感じで私は好きですよ。


「Shoot You Down」(PV)

http://www.youtube.com/watch?v=rEptRZikZ2Q


アルバムの「Birdland」は持っていたんだけど、すぐに聴き飽きて売っちゃったんですよね。

まあ、ここまでクソミソに書いてしまいましたけど、今でも無性に聴きたくなる時があるんですよね。「Shoot You Down」の他にも、「Rock 'n' Roll Nigger」とか「Beat Me Like a Star」とか。今から考えると、いろいろ粗雑さが目立つバンドだったけど、曲のメロディーはポップで悪くなかったと思います。



Amazonのマーケットプライスの中古なら送料以下の値段なんですけどね。中古屋ですごく安く売っていたら買おうかなっとはいつも思っているんですけどね~。ともかく、いろんな意味で私の90年代の思い出のバンドであったことは間違いないです。


Birdland
Birdland
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-06-14 00:48:32

GTR - When the Heart Rules the Mind

テーマ:洋楽 F-J

異様に懐かしかったのでYoutubeにあったPVをUPしてみました。元ジェネシスSteve Hackett、元イエス/エイジアSteve Howeらが結成したグループ、GTRの86年の唯一のヒット曲といって良い(全米14位)、「When the Heart Rules the Mind」。


「When the Heart Rules the Mind」(PV)

http://www.youtube.com/watch?v=JWpa0xvYSAk


さすがに両巨頭のギターはスリリングですけど、今聴いてみるとちょっと曲が硬派すぎたのかな。ポップで聴きやすくて良かったと思うんだけど。起伏のある曲展開も好きでした。



結成時は2人の技巧派ギタリストが組んだだけあって、「スーパーグループ」と言われたけど、後がなぜか続かなかったですね。まだまだ洋楽初心者だった私は、ボーカルがシャープでなかなか良い曲だと思いました。グループ名の「GTR」は「guitar(ギター)」から取ったって聞いた事あるけど、そんな単純な所も良かったかな(笑。


アルバムは借りて聴いた事あるけど、良い曲揃っていたと思います。ジャケ画をクリックで一部試聴可です。しかし、廃盤なんですね。もう一度、聴いてみたいな。


全然関係ないけど、Youtubeで観たいPVは、ガマンして音や映像が途中で途切れながらも1回通しで放置しても良いからとりあえず最後まで流すべきですね。そうすると、その後はスムーズに観れますよ。


GTR
GTR

(追記:070616)

06年に紙ジャケで再発されていました。。すみません。しかし、やはり需要があったんですね~。

GTR
GTR(紙ジャケット仕様)
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。