1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-11-30 07:20:29

Rick Springfield (リック・スプリングフィールド)-Taoと新譜と来日

テーマ:80年代洋楽
(いきなりですけど、)Rick Springfield (リック・スプリングフィールド)と言えば、80年代に「Jessie's Girl」、「Human Touch」とか「Love Somebody」などの大ヒットを飛ばしたアイドル的人気のあったアーティストでしたねー。ルックスも甘かったし。

確か、オーストラリア出身だったですね。私は、「Bop 'Til You Drop」がヒットしていた時がリアルタイムでした。この曲は、ポップでキャッチーで、とにかく結構気に入っていました。PVも良く流れていましたねー。

自ら出演した映画のサントラ、「Hard To Hold」(84年)が大ヒットしていた頃ですね。

(そういえば名前のSpringfieldSpringsteenでよく似た繋がりかどうか分からないけど、「Bruce(ブルース)」って曲もありましたよね。なかなか良い曲だったと思いました。)

それまでの彼のアルバムはレンタルしていたんだけど、その翌年の85年に出たこのアルバムは、期待を持って初めて自腹で買ったんですよねー。


Rick Springfield
Tao


試聴 → クリック


でも、あんまり売れなかったんですよね。。「Tao」。結構好きなアルバムだけど。やはり、それまでの「アイドル的」な部分と、このアルバムで見られる「ロックアーティスト的」な部分の落差が、大きすぎたのかな。

第1弾シングルの「Celebrate Youth」は確かにちょっとメロディーが単調だけど。。でも、勢いも合って、ハイテンポでテンションが上がる曲でした。


次のシングルに「State of the Heart」が決まった時はこれでヒットするかなって思ったんだけど。。かなり良い曲だったし(カバー曲だけど)、キャッチーなサビも持っていました。イントロもテープ逆回転見たいな感じで、なかなか凝った感じでした。

しかし、これまたスマッシュヒットどまり。。

バラードっぽい歌にしてはちょっと曲が地味で華がなかったのかな。こういう曲、好きなんですけど。。私はなかなか心に染みました。

「Tao」の他の曲も聴いてみると、ロック色の強い「Dance This World Away」、「Written in Rock」、美しいバラード調で聞き込ませる「My Father's Chair」など、良い曲が多いし、ちょっと「惜しい」アルバムだったと思います。

Hard To Hold」の翌年の発表は早すぎたかもですね。もうちょっと時間を置くか(でも時間おいたら忘れられたのかな。。)、ちょっとロックに移行していく過程のような「クッション」になるアルバムが必要だったのかなっと思いました。

で、いつのまにか、彼のオリジナルアルバムが日本発売されなくなっていったんだけど、まだまだ頑張ってライブとか活動をしているみたいですね。

アルバムもコンスタントに良い作品も作っているみたいです。

今年はオリジナル1曲の他は、他のアーティストの曲のカバーを集めたアルバムも出しています(未聴です)。これは久しぶりに日本盤が出るみたいです。

10cc、The Church(チャーチ)、Human League(ヒューマン・リーグ)、Draem Academy (ドリーム・アカデミー)、Mr.Mister(Mr.ミスター)、Foreigner(フォリナー)等の曲をカバー!)


曲目(興味深いですよ)と試聴 → クリック



で、既に、このアルバム発売を携えて12月に来日が決まっているとのこと(詳細 )。 

いやあ、多分あり得ないけど、サマソニとかにも出てくれたら見に行っちゃうかも(笑)。 



Rick Springfield
The Day After Yesterday
AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2005-11-29 07:37:44

System of a Down (システム・オブ・ア・ダウン) とSloan (スローン)

テーマ:洋楽 P-T

昨日は、わざわざ神戸の三宮に出てCD買いにいきました。


HMVは2枚、カードのポイントがイッパイになっていたので、以下の2枚と交換です。

(できるだけ、現金は使わないようにしないと。。)


System of a Down
Hypnotize

試聴 → クリック



System of a Down (システム・オブ・ア・ダウン) の新作です。



国内盤の初回生産限定盤はDVD付きですクリック )。

試聴しましたけど、1曲目の 「Attackの激しい演奏のはじまりを聴いただけで、即購入。メロウなメロディとパンキッシュなリズムが合わさり、ボーカルの表現力も素晴らしい秀作です。

(このアルバムをを買ったので、
HMVサンプラーCD も貰いました。)


Sloan
A Sides Win: Singles 1992-2005

試聴 → クリック


カナダ
のパワーポップ系のバンド、Sloan (スローン)のベスト。

これは別に躊躇なく購入。ベストですから(笑)。演奏はなかなかエッジが効いていますが、素朴とも言っていいような秀逸のメロディーの曲ばかりです。聴いていてスカッとします。「500 Up」、「Coax Me」、「Losing California」、「Other Man」等が個人的には好きです。


他にも購入予定で、イッパイ欲しいものあるんだけど、時間もなかったし、ポイントも使い切ったのでここで昨日は終了です。

そういえばTOWER RECORDS12/4までWポイント期間だったですねー。

今日、新聞購読の継続更新の際に、VISAギフトカードをゲットできたので、まだしばらくは現ナマ使わなくても、買い物が出来ますね。楽しみ(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-11-28 07:34:32

「ベストヒットUSA 2005」(BS朝日にて)

テーマ:80年代洋楽
TVを買い換えたおかげで、民放のBSを見れるようになりました!

で、日曜日の23時からやっている、BS朝日の「ベストヒットUSA 2005」を初めて見ました!
うーん、懐かしい。

番組自体も懐かしいけど、小林克也のDJも懐かしすぎる。。セットもほとんど変わってないですね。
アナログで見ていた頃から、見るのはいったい何年経っているのでしょう。。10年は軽く超えているのかな。。

当時、MTVと、この番組は見ていましたね。それとTV神奈川がやっていて、関西ではTV大阪かサンTVで見れた「全米トップ40」も見ていました。

いきなり最初はABBA(アバ)の「Dancing Queen」のライブ映像ですね。 ちょっと定番過ぎかも。。

で、今の全米の最新音楽です。 T-Pain の「I'm Sprung」のPV。うーん、はじめて見ました。

で、今週の番組チャートTop20を番組中にわけて発表。

やっぱり今の全米チャートって知らないヒト多いですね。。全然チャートチェック、していないですからね。。。女性R&Bが多いんですね。Mariah Carey (マライア・キャリー)、Gorillaz(ゴリラズ)、Green Day(グリーン・デイ)、Weezer(ウィーザー)、Black Eyed Peasぐらいかな、分かったのは。

次はBen Folds(ベン・フィールズ)だ!インタビューもありました。アルバム、「Songs For Silverman」についてですね。でPVは「Jesusland」ですねー。やっぱり良い曲なんで、胸に染みます。

タイムマシン」のコーナー。今日11月27日をキーにして時代を振り返るんですね。82年にはライオネル・リッチーの「Truly」が出たとのこと。ちょっと私のリアルタイムよりずれていますけど、トピックとしてはこれぐらいしかピンと来なかったですね。

で、結局映像はもっと大昔のRolling Stones(ローリング・ストーンズ)の「Jumpin' Jack Flash」。ミック、若いですねー。

でなぜか次は、Miami Sound Machine (マイアミ・サウンド・マシン)ですか。。懐かしい。
Gloria Estefan(グロリア・エステファン)だけならあんまり懐かしさを感じなかったけど。

PVは86年の「Bad Boy」。(でも、私は「Conga」とか「1・2・3」が好きでしたねー)。

で、番組チャートTop3。
3位は、Nickelback (ニッケルバック)の「Photograph」、2位はKelly Clarksonケリー・カールソン)の「Because Of You」、1位はKanye West(カニエ・ウエスト) の「Gold Digger」。

うーん、Nichelbackはアルバム聴いたんだけど、あとは分からない。いや、名前は知っていますよ(苦笑)。

やはりちょっと骨太なアメリカンロック(まあNickelbackカナダのバンドなんだけど。)とR&B/ヒップポップがアメリカでは主流なんですね。ロック・ポップも最近健闘していますけど、もっともっと頑張って欲しいな。

で、リスエストコーナー、Dream Academy(ドリーム・アカデミー)の「Life in a Northern Town」。

懐かしいー。PV見るの久しぶり。85年の曲ですよね。一番洋楽聴いていた頃かも。次のあまり売れなかったシングルの「Love Parade」の方が好きだったけど。多分もう見れないんでしょうね。なかなか幻想的なPVだったのを覚えています。

でなんだかんだで、終わっちゃった。。。1時間って早いですねー。でも、これからの楽しみが増えました♪

(私もなんかリクエストしたいな。Naked Eyes (ネイキッド・アイズ)とかReal Life(リアル・ライフ)とか)。。


では、画像は1位を記念して。。たまに聴いてみたくなることあります。情報を掴んでいるかは別として、アメリカンロックは特に苦手ではないので。
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-11-27 09:05:31

iTunesのシャッフルでの選択曲に身を任す (Part2)

テーマ:企画

Oasis(オアシス)のライブ(記事へのリンク )の後は、Coral(コーラル)とかの予習もしているのですけど、今日はまたまた、iTunesに曲をランダムに選んでもらって、いま、聴いています。


またもやiTunesの「パーティーシャッフル」に身を任せてみました。
(1回目からインターバルが短いですけど)


1回目の記事 を書いた後のまあ、続きなんですけど、今回はなかなか新鮮な曲かも。。


こんな感じですね。とりあえず、今はFelt(フェルト)の「The Stagnant Pool」が再生されていますけど、そこから続きの10数曲です!また、お時間ありましたらツッコんでください(笑)。


君は恋泥棒」 - ELEKIBASS(エレキベース)

「A Little Time」 - The Beutiful South (ビューティフル・サウス)

「White Lips Kissed」 - Mew (ミュー)

「Barfly」 - Superstar(スーパースター)
「Yulunga」 - Dead Can Dance (デッド・カン・ダンス)

「Falling Through Your Clothes」 - The New Pornographers (ニュー・ポルノグラファーズ)

「Suffocating Under The Words Of Sorrow(What I Can Do)」

- Bullet For My Valentine(ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン )

「Hallmark」 - Broken Social Scenehe (ブロークン・ソーシャル・シーン)

「What Else Is There?」 - Röyksopp (ロイクソップ)

「The Man Who Came To Stay」 - Babyshambles (ベイビーシャンブルズ)

「Some Might Say」 - Oasis (オアシス)

「Loaded Gun」 - Dead 60's (デッド60's)

「Prelude」 - Kate Bush (ケイト・ブッシュ)

「Mysterons」 - Portishead (ポーティスヘッド)

「Golden Gaze」 - Ian Briwan (イアン・ブラウン)

「The Mule」 - The Magic Numbers (マジック・ナンバーズ)
「Emotion」 - Destiny's Child (ディスティニーズ・チャイルド)


The New Pornographersは、Broken Social Scene同様、カナダの大所帯ユニットです。

Falling Through Your Clothesは今年発売の3rdアルバム「Twin Cinema」からの曲。


ストレートなロックから、ひねったポップソングまで、曲が多彩で、私は気に入っていますよー。


The New Pornographers
Twin Cinema
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-11-26 09:13:18

佐野元春 - Moto Singles1980~1989

テーマ:邦楽

これは自宅に引っ越す時に最初から持ってきたCDです。


Moto Singles1980~1989


佐野元春

Moto Singles1980~1989


試聴 → クリック   


佐野元春のアルバム → http://www.moto.co.jp/works/album/album.html


最初に買った佐野元春のオリジナルアルバムは「カフェ・ボヘミア」という86年の作品でした。


ヤング・ブラッズ」が好きになったんですねー。



時期的には本当にこの頃は洋楽も盛んに聴いていた頃ですから、違和感なく、同じように並行して聴いていましたね。でも、結構、好き嫌い分かれるアーティストかもですね。商業的に売れているアーティストが好きじゃないヒトもいただろうですし。

後追いですけど、彼のアルバムなら84年の「ビジターズ」 がスゴク好きでしたね。


コンプリケイション・シェイクダウン」、「サンデー・モーニング・ブルー」、「ニュー・エイジ 」とか、カッコ良かったです。


で、アルバムは、「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」を含めて、90年の「タイム・アウト!」まで、買いましたね。


で、このベストは、その間の90年に出ました。


本当にタイミング良かったと思いますね。これを聴かなかったら、「ビジターズ」を後追いする事はなかったから感謝でしたね。定番の曲を含めて、ノリに乗った彼の良曲がいっぱい詰まったベストです。


で、今はそんなに熱心な彼のリスナーじゃないんだけど、できるだけ長く活動してくれるように密かに応援はしています。


今はよくTVに出ていたりしていますけど、私が熱心に聴いていた期間は、TVにめったに出ないヒトでした。



その頃は私は、そんなにいっぱいライブに行ける環境ではなかったですので、(TVに出ないのが何らかのポリシーだったと思うんだけど、)その頃に歌っている所を映像でリアルタイムで見たかったなあって思いますね。


ライブは行った事ないんだけど、今でも、「アンジェリーナ」や、「ナイトライフ」とか「ダウンタウンボーイ」とかやっているのかな~。(「サムデイ」は、やってそうだけど、ちょっと今の私には甘酸っぱすぎるかも。。)

それとか、「ガラスのジェネレーション」。

歌詞中の「つまらないオトナにはなりたくない」ってところが、スゴク好きでした。結局、大したオトナにはなれなかったけど(笑)。

(実は、堂島孝平さんとのジョイントライブクリック )、行きたかったんだけど、都合でどうしても無理なので、代わりにこんな記事を書いてみました(笑))

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。