1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-10-31 07:44:19

Ian Brown(イアン・ブラウン)の「Solarized」と2枚組ベストの続報

テーマ:洋楽 F-J

買ってから、だいぶん、経つんだけど、最近結構聴くようになりました。。。(まあ、元々Stone Roses(ストーン・ローゼズ)、大好きでしたので、自然な流れです。。)


Ian Brown
Solarized

Ian Brown(イアン・ブラウン)の最新の4作目ですね。


生では見なかったけど、サマソニのTV放映でやっていた「The Sweet Fantastic」がキッカケですね。


なんで、Stone Rosesの曲を放映しないんだー」ってばかり思っていたのですけど、 何か何度も「The Sweet Fantastic」の映像を見ているうちに、なんとも不思議なメロディーと、冒頭のトランペットの音が頭から離れず、クセになってしまいました(笑)。


Solarized」に収録されている曲では、「Destiny Of Circumstances」とかは少し、Rosesっぽい感じが伺えるけど、概ねほとんどRoses色はないといって良いですね。。全編、そんなにキャッチーじゃないし、弾けた感じじゃないですけど、不思議と、Ianのオリジナリティーを感じる曲ばかりですね。 

別に「癒し」じゃないのだけど、そんなに気分がハイじゃない時にピタっと来ます。


The Sweet Fantastic」、「Upside Down」と「Time Is My Everything」が聴いていてなんとも心地良いかな。


3曲ともサビという際立ったものは希薄で、コード展開も淡々としているだけど、不思議と曲の最初から引き込まれるという感じ。


それとやはりそんなに歌唱力で勝負するヒトではないと思うんだけど、声質かな。それともオーラかな。。

ひかれますね、やっぱり。


Oasis(オアシス)ノエルが参加している「Keep What Ya Got」は、ポップでなかなかサビも印象的で良い曲だと思います。


Ianはソロでも自信満々なような気が感じられますね。 ライブでも結構、集客力あるみたいですし。

多分、「Stone Roses復活」ってないんだろうなって、私は思いますね。


先月発売になった彼のマキシシングル「All Ablaze」「The Sweet Fantastic」のライブバージョンが入っていますね。ちょっと興味津々、聴いてみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それと、そうそう。前から言っていた Ianボーナスディスク付きベスト(2枚組)だけど、やっぱり店頭では見かけないですね。。通販しか手がないのかな。(1枚モノベストは普通に売っています。)


Ian Brown
The Greatest


あと、一時期HMVのHPにあった、ちょっと安かったUS2枚組って今は表示がないです。間違いだったのかもですね。2枚組ベストはUK盤しかないということですね。(前の記事 、追記修正しました。)


しかし、Amazonでも「在庫切れ」になりましたか。。AmazonのUS/UKとかの海外輸入じゃないと手に入らなくなったのですね。


しかし、決してマイナーなアーティストでもないのに、限定盤とはいえ、これだけ購入が大変だとはねえ。


海外サイト見ても、あんまり日本で買えたときと値段変わらないですし、普通にAmazonで買っておけばよかったですね。。


以前は、ボーナスディスクのみに収録されている、彼の「Thriller(スリラー)」や、「Billie Jean(ビリー・ジーン)」のカバーを聴きたいっというミーハーな動機だったけど、彼のソロのUNKLE Remixとか、「Time Is My Everything 」のリミックス別バージョンとか、本当に聴きたくなっちゃった。


さて、買うかどうか、買うならどうやって手に入れようかな、と思案中です。。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-10-30 02:02:06

iTunesのシャッフルでの選択曲に身を任す

テーマ:企画

Doves(ダヴズ)のライブ(記事へのリンク )の後は、Oasis(オアシス)とかの予習(特に4th、5th)もせないかんのですけど、今日は私も(笑)、iTunesで久々に曲をランダムに選んでもらって、いま、聴いています。


最初の10数曲、並べてみました!



(意味のない記事になりそうですけど、たまには良いですよね。)



こんな感じです。私がどんなヒトのアルバムを持っているかぐらいは分かるのかな。。


もし、何かツボ及び、「誰それ?」と言うのがありましたら、おひまならツッコんでください(笑)。


Sail To The Moon」 - Radiohead(レディオヘッド)
A Design For Life

- Manic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)
For Lenny's Own Pleasure」 - Joy Zipper (ジョイ・ジッパー)
The Soul Of Patrick Lee

- John Cale & Terry Riley (ジョン・ケール&テリー・ライリー)
Tootsy-Wootsy」 - 葉加瀬太郎
Wilderness」 - Joy Division (ジョイ・ディビジョン)
Heart On The Staves」 - Stone Roses (ストーン・ローゼズ)
Uniform(Live)」 - Little Flames (リトル・フレイムズ)
Banquet」 - Bloc Party (ブロック・パーティー)
Song Of The Corn」 - Coral (コーラル)
Stab」 - Built To Spill (ビルト・トゥ・スピル)
Brother And Sisters (Brothers And Sisters Version)

- Coldplay(コールドプレイ)
Savages」 - Paul Weller (ポール・ウェラー)
Spooning Good Singing Gum」 - The Cocteau Twins (コクトー・ツィンズ)
Mardy Bum」 - Arctic Monkeys (アークティック・モンキーズ)
Ain't No Easy Way

- Black Rebel Motorcycle Club (ブラック・レーベル・モーターサイクル・クラブ)
Every Little Knight」 - Choo Choo Train (チュー・チュー・トレイン)


意外と元気な曲が少ないですね。。

でも、Little Flamesの、「Uniform(Live)」は結構好きです。


Put Your Dukes Up John

Little Flames

Put Your Dukes Up John (EP)


で、葉加瀬太郎は、ここからです! 

今回はなかなか、本当にクラシカルな内容ですけど、でも、聴きやすいですよ。


葉加瀬太郎
VIOLINISM with Love
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-10-29 18:08:32

Oasis来日ライブに行くためにセットリスト作成

テーマ:洋楽 K-O

なんか、Doves(ダヴズ)のライブに行く前の記事 と同じような記事になっちゃったけど、お許しください。

またまた探してきた海外ライブのセットリストをiTunesで組んでおります。

今はOasis(オアシス)です。


こんな感じですね。今年のサマソニ前頃のライブでのセットリストですね。カッコ内は何枚目かのアルバムからの曲を書いています。


http://forum.fok.nl/topic/676203/5/25#28816776


1. Fuckin' in the bushes (4th「Standing on the Shoulder Of... 」)
2. Turn up the sun (6th「Don't Believe the Truth」)
3. Lyla (6th)
4. Bring it on down (1st 「Definitely Maybe」)
5. Morning Glory (2nd「(What's The Story) Morning Glory?」)
6. Cigarettes & Alcohol  (1st )
7. The importance of being idle (6th)
8. Little by little (5th「Heathen Chemistry」)
9. Acquiesce (「The Masterplan」に入っていますね)
10. A bell will ring (5th)
11. Songbird  (5th)
12. Live forever (1st )
13. Mucky fingers (6th)
14. Wonderwall (2nd)
15. Champagne Supernova (2nd)
16. Rock 'n' Roll Star (1st)
17. Guess god thinks I'm abel (6th)
18. The meaning of soul (6th)
19. Don't look back in anger (2nd)
20. My generation (The Whoのカバー。「Little by little」のB面)


サマソニの時のセットリストとそんなに変わらないのかな。。出だしと締めなんてよく似ていますね。

しかし、3rdの「Be Here Now」からって本当に演奏しないんですね。。


私の好きな1st2ndからは今でもしているけど、有名な曲ばかりですもんね。サマソニでもやらなかったし、このリストにもないけど、「Supersonic」、見てみたいなー。

あとはいかんせん、私の場合は5th「Heathen Chemistryからの曲ですね。。サマソニ前から何回も記事に書いていますけど、5thは、ほとんど聴いていないんですよね。(辛うじて分かるのは、「Little By Little」ぐらいかな。。)


今月に大阪城ホールでの来日公演に行くんですけど、私の強化対策は「5th「Heathen Chemistry」を聴く」と言う事ですね。


チケットも先日届いたばかりなんですけど、座席の場所が、アリーナでは今までも経験した事ないほどのエラク前の列でちょっとビックリいる今日この頃です。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-29 01:28:53

Doves (ダヴズ)、ライブレポ!(心斎橋、BIG CATにて)

テーマ:ライブレポ
と言うわけで、一つ前のセットリストの記事 はまたもや「前振り」です(笑)。

昨日は、Doves(ダヴズ)のライブに行ってきました!

ライブに定評があると聞いていましたけど、スゴク、良かったです!!

場所は大阪、ミナミ、心斎橋のBIG CATです。ミナミの三角公園のそばの「BIG STEP」というレジャービルの4Fです。大きさはクアトロをちょっと大きくしたぐらいでしょうか。。

(そういえば、Kaiser Chiefs(カイザー・チーフス)も来年、ここでやるんですよね。。大丈夫かな。イッパイになって、窒息状態になるかも。。)

客の入りはですね。。当日券も売っていたんで。。。

でも、8割ぐらいは埋まっていました。そんなに混んでいないけど、座る隙間はないという感じですね。外国人の方が多かったです。

まあ、DovesはアルバムはUKでNo.1になっているぐらいの人達ですので、小さいハコでやるのを見るのは新鮮だったのかもですねー。

あとは、男性が多かったかな。。女性も結構いたけど、なんか「イケイケ前のめり」になるようなヒトはいなかったような感じがしますね。ちょっと年齢層が高かったのかも。

7時開始予定が20分ぐらい押したのかな。

で、Doves、登場。

ものすごいラフな格好ですわ。。普通の素朴な感じのヒト達ですね。。


こんな感じです。本当に。。あとはサポートなのかな。キーボード奏者がいまして、4人でライブを行いました。




Doves


いきなり、「Snowden」で、開始。。。イントロですぐ分かりました。。この曲で始めるとは、 飛ばしますね。。。

しかし、ボーカルも上手すぎです。演奏も上手すぎ!安定感、抜群!

特にドラム。すごくソリッドで、手数が多くて、その音があまりにも印象的でした。

ギターも、力強く、かつ音色があまりにも美しかったです。

アルバムで聴くのとは本当に印象が違って、全ての曲が力強く聴こえました。

セットもシンプルなんですけど、うまく照明を使って曲によって青みがけたり、緑っぽくしたり、なかなか演出が凝っていました。

最新の「Some Cities」からはもちろん多かったですけど、過去の作品の「Lost Souls」、「Last Broadcast 」からもバランス良くやってくれました。

2曲目は「Sky Starts Falling」で、それから「Where We're Calling From」へと。

Where We're Calling From」の時の照明が、本当に真っ青って感じで、曲の美しさとマッチして、幻想的でしたね。

で、定番の「Pounding」。やっぱりポップな曲だけに盛り上がりましたね。
(実はこれが1曲目かと構えていました(笑))。

その後は「Black And White Town」と、ポップな曲が続きますね。

その後の「Almost Forgot Myself」が意外とかなりの盛り上がりでしたね。私は好きな曲なんで、嬉しかったです。このときのドラム演奏が本当に特にカッコ良くて。。痺れました。。

で、中盤は、「Sea Song」や「Ambition」とか、スローな感じの曲が続きました。穏やかな感じでしたね。演奏はなかなか「激ロック」でしたけど。

12曲目からかな。。「Caught By The River」と、それに続いての「One Of These Days」。これは美しい流れでした。自分の中ではかなり盛り上がっていました。


で、あと1曲ぐらいして本編が終わり。で、もちろん、アンコールです。そして、再登場!


あらら、ボーカルのヒトがドラムのところに座り、ドラムがボーカルを。。


でも、定番らしいですね。「M62 Song」。アルバムではアコースティックな感じでしたけど、かなりロックしていましたよ。


で、各メンバーそのままの位置で、「Here It Comes」!やった。この曲大好き!

1フレーズ目はそのまま、(元々)ドラムのヒトが歌い、サビだけ、(元々)ボーカルのヒトが歌いました。次のフレーズからは(元々)ボーカルのヒトがずっと歌いました。(ややこしい記載ですみません。。)


タンバリンやハーモニカなどの演奏も交えて、楽しかったです。


その後は、元のポジションにメンバーが戻って、「Some Cities」。この曲もキャッチーですから盛り上がりました。


最後は、「There Goes The Fear」。いやあ、この曲、いつするか待っていたのですよ。良い曲ですよねー。感動です。もちろん、盛り上がりましたよ。


ボーカルもなぜか、スティックを持って、ドラムをたたき出したりしていました(笑)。

全部で18曲ぐらいのライブでした。セットリストは、曲目をメモっているヒトが結構いたので、すぐにどこかのブログにアップされると思います。でも、私は、早いうちにアップしたかったので。。


早く、また今回のライブのセットリストを確認してから作成して、またライブに行ったことを思い出しながら聴きたいです。

次も絶対、ライブ、見てみたいです!

本人達には悪いのですけど、また次回は今回と同じように、身近で見たいので、あまり大きくないハコで(笑)。


(追記 10/30 : 大阪でのセットリスト入手しました!)


Snowden
Sky Starts Falling
Where We're Calling From
Pounding
Black And White Town
Almost Forgot Myself
Sea Song
11 miles
Ambition
Rise
Last Broadcast
Caught By The River
One Of These Days
Ceder Room
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
M62 Song
Here It Comes
Some Cities
There Goes The Fear






いいね!した人  |  コメント(44)  |  リブログ(0)
2005-10-28 07:21:09

例えば、Doves(ダヴズ)の過去作をライブのセットリストで聴いてみる

テーマ:洋楽 A-E

最近は、他のアーティストと並行して、この2枚を聴いています。


Doves
Lost Souls
Doves
Last Broadcast


UKのDoves(ダブズ)の1stアルバム「Last Souls」と2ndの「Last Broadcast」。(試聴可能です。)


今年出た3rdの「Some Cities 」が気に入りました(記事へのリンク )ので、過去2枚も聴いてみました。


過去2枚も、どっちも良いです。 なんともメランコリックなメロディーで、ミドルなテンポながら力強いボーカルと演奏が良いです。


曲単位で言うと、「Last Broadcast」が好きですね。 アルバム全体の雰囲気は「Last Souls」が良いですね。。。。うーん。。いや3rdも、含めて全部良いですね(笑)


私は最近、過去のライブのセットリスト(演奏曲と順番)を探してきて、iTunesでプレイリストを作って聴くのがが好きです。 ライブの気分が味わえるような感じがして良いですね。ライブの定番曲とか分かりますので。


複数のアルバムを各々、通しで聴いてみた時と、すこし各楽曲の印象が変わる感じがしますね。


Dovesの場合は、1st2ndは、ちょっと前の彼らのライブセット を検索で見つけて、プレイリストを作りました。


Pounding (2nd
There Goes The Fear (2nd
Sea Song (1st)
Rise (1st)
Catch The Sun (1st)
Satellites (2nd
Words (2nd
Last Broadcast (2nd
Where We’re Calling From (2nd
N.Y (2nd
A House (1st)
Caught By The River (2nd
The Cedar Room (1st)

The Man Who Told Everything (1st)
Here It Comes (2nd


やはりなかなか良い曲が並びますねー。 


私は、好きなアーティストでも曲聴いて、パッと曲名が思い浮かべれない残念な体質なので、こうやってリストを作って聴いてみると、とりあえずライブで定番の曲の「タイトル覚え」には多少、役立っているような気も。。


しかし、ライブレポとかでも、一番最初にセットリストを記事にかけるヒトはスゴイですね。いつも尊敬しています。


私なんかは、いくら好きなアーティストでも、ライブ中に曲名がほとんど、頭から飛んじゃうヒトなので(笑)。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。