1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-09-30 07:01:47

shane(シェイン)/THE POGUES(ポーグス):墜ちた天使の詩

テーマ:映画

仲良くさせていただいているブロガーさん(と、私が勝手に思っているだけかもしれませんが(笑))のブログのコメントに既に書き込んだインフォなんですけど。。

パンキッシュなロックで、トラッド色の強い楽曲で有名なUKのバンド、Pogues(ポーグス)の映画が上映されるんですね。

shane(シェイン)/THE POGUES:墜ちた天使の詩」と言う題名のドキュメント映画。2001年に製作された映画みたいです。

10月29日から4週間限定のレイトショー。ジョニ-・デップも出ているみたいです。

今年、単独でも、フジロックにも来ていたけど、ライブ見たかったなあ。

参照


http://my-fashion.jp/news/050926_01.html


http://www.rrm.co.jp/60hmr/1601035m.htm


http://www.nowonmedia.com/shane/



限定Tシャツ付きで、チケットを売っていますね (欲しいー)。

でも、渋谷でしかやらないみたいですね。。。


うーん、関西では見れないのか。。残念。

せめて映画ででも、と思っていたのですけど。(それとも後々関西でやってくれるのかな?)

ライブでも「東京のみ」とかって多いですけど、こういう時は首都圏というのは羨ましいなって思いますね。

仕方ないけど、やっぱりこれを聴いて我慢するしかないのですね。


POGUES
ザ・ポーグス
アルティメイト・ベスト


このベストアルバムについては、以前、記事にしました(リンク )。

やはり2枚目の素晴らしいライブディスク、いつ聴いても感動します!


(昨日の阪神タイガースの優勝も感動 (笑)。)

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-09-29 06:48:52

「CDは株券ではない」から読書の習慣化の復活を。

テーマ:日記 本

通勤(通学)時間って、普通何をしているもんでしょうね。。

私はずっと神戸に住んでいるけど、今のところに引っ越す前(つまり実家)は本当に「ギリギリ神戸」と言う感じで、緑も多いところで、バスも走っていないような町です。


(まあ、私は好きなんですけど。)

勤務先はずっと大阪なので、えらく通勤時間が長かったんですよねー。

で、今のところに住むようになってからはあっという間に大阪に着いてしまう。

まあ便利でメリットの方が多いのですけど。

でも、その頃ぐらいかな。あまり本を読む量が、減る始まりだったかも。

思えば通勤時間というのは、貴重な趣味を楽しむ時間にもなっていたのですね。


ですので、長編小説を読んでいたのが、短編小説集になり、さらにエッセイとかだんだん短いものになって行く。。

iPod miniで、いろんな種類のアルバムを持ち運びできるので、「音楽を聴くのみ」の時間の比率も極度に上がっているせいかもしれないですね。

雑誌
とかは読んでいるんだけど、やっぱり雑誌では、読書とは言えないですね。。

ちょっと難解な小説や、内容が硬い本も大好きでしたので。


というわけで、リハビリ。とりあえず、やはり好きな音楽に関するちょっと軽い本で。

それに、最近は頭痛もちょっとだけマシですので。

これを読んで、また活字に集中する習慣を、徐々に復活させたいと思います。



菊地 成孔
CDは株券ではない


ネットのbounce.comで連載されていたコラムを 書籍化したものです。面白そうです。楽しみです。


これも興味深いので、読んでみたいです。


菊地 成孔, 大谷 能生
東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編

ジャズ系は偉そうにできるほど、本当にあんまり詳しくないのですけど、これはなかなかの作品でしたよ!

ジャズピアニストの山中千尋


情熱大陸ライブ」の時に生でも聴いた、「八木節」がやはり印象深いです。

山中千尋
アウトサイド・バイ・ザ・スウイング
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-09-28 00:18:40

Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)の新譜を聴きました!

テーマ:洋楽 F-J

You Could Have It So Much Better

フランツ・フェルディナンド

ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター


Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)の新譜「You Could Have It So Much Better」。

タワーレコードの店頭に並んでいました!もちろん購入です
特典のリストバンドも欲しかったし)。

早速聴いてみました。では、再生スタート!


「Fallen」。いきなり、良い曲ですよ。展開もダイナミックで、ノれるダンスチューン。

「Do You Want to」
。これはシングル。FMでも良くかかっているけど、スゴクキャッチーでノリノリの曲。やはり、かなり耳に残る印象的な曲ですね。良い曲です!

「This Boy」
もノリノリです。でも、転調とかがあって曲に深みがあって、これもシングルでヒットしそうです。

「Walk Away」。おっと、ちょっと落ち着いた感じで、ギターの音が印象的です。ミドルテンポの曲だけど、かなり良いメロディーですよ、これは。曲の展開も、一筋縄では行きません。うまく「」を使ったしみじみとした曲です。

「Evil and a Heathen」。エフェクトをかけたようなボーカルです。なかなかシンプルでストレートな曲です。少しサウンドに重みがあって、力で押していくような感じ。

「You're the Reason I'm Leaving」。前奏からキャッチ-な曲の予感。でも、意外と、ミドルテンポです。サビも流れるような素直なメロディー。だんだんリズムが重なってきて、盛り上がってきます。これも良い曲ですねー。

「Eleanor Put Your Boots on」。ギターとピアノの伴奏ではじまります。なんかネオアコ風味。不思議に叙情的な雰囲気の曲です。おだやかなボーカルが良いですね。 私のツボかも。ちょっとこういう曲が入っていることは予想できなかったけど、嬉しいですね。

Well That Was Easy」
。一転して、彼らの得意のダンスチューンですよ。と思いきや、途中でリズムが転調してなかなかおもしろいです。リズムの起伏が激しいです。でもキャッチーで耳に心地よいです。

「What You Meant」。ちょっと重みのあるサウンドではじまるけど、これはスゴク良い曲ですよ。脳天気に踊ることも可能だけど、なかなかじっと聞き込んでしまう曲。テンポが最高に良くて、エレキもふんだんに入っていて、メロディーも文句なしです。全体で聴かす曲ですね。

「I'm Your Villian」。なんかヒーローものの場面に似合うようなカッコ良い前奏。ドラムの音が印象的。途中からの盛り上がり方が、勢いがあって印象的。

「You Could Have It So Much Better」。これも得意のダンスチューン。でも、なかなかエモーショナルな感じが強く出ていますよね。ライブで、映える曲でしょうね。

「Fade Together」。これまた、アコースティックな伴奏で、落ち着いた感じの曲。 「Eleanor Put Your Boots on」と言い、これも意外な曲調。でも、綺麗なメロディーですね。この曲も、私一番好きだったりして。しみじみした本当に心温まる曲です。

「Outsiders」。これはなんとなくクラブ色の強い感じがする曲ですね。ギターのカッティングが印象的。全体的にちょっとヒネリが微妙に入ったようなポップな曲調です。

ボートラの「Your Diary」と「Fabulously Lazy」も、悪くないです。
最後の「Fabulously Lazy」のサビは私、かなり気に入っています。

全体的にサウンドも曲展開もダイナミックになって、バラエティーに富んだ構成で、アコースティックな感じの曲がとても印象に残っています。アルバム聴いて踊るのも、落ち着いて聴くのも両方OKと言う感じ。

私は、そうですね。前のアルバムより、個人的には今回の方が気に入りました。

全体にエモーショナルな熱気を感じるところが、かなり好印象です!
AD
いいね!した人  |  コメント(36)  |  リブログ(0)
2005-09-27 07:21:51

少しだけ購入

テーマ:複数のアルバム オムニバス その他

日曜日までのレコ店のWポイント期間、終わっちゃったけど、既に記事にしたのも含めて、純粋な「新譜」というのは買っていないです。


どちらかと言うと「買い遅れを取り戻した」という買い方でした。 


まあ、いろいろ買ったんですけど、記事が長くならない程度にとどめようかな。

これをやっとゲット。

Kaiser Chiefs
Employment

Kaiser Chiefs(カイザー・チーフ)
の1st。「やっと買えたー」って感じ。
やっぱり、「ナナナナー」は、聴いていて心地よいです(笑)。


あとは、これです。


Bloc Party

Silent Alarm  (Remixed)



Bloc Party(ブロック・パーティー)
の1stアルバムのリミックス盤。でも、これは先月末に発売だから、一応「新譜」かな。



試聴して、すぐこのUK輸入盤を買っちゃったけど。。 

US輸入盤 をAmazonを見たら、ボーナスディスクが付いていたのですね。。また、やられたか。。




これは 購入リストに入れてなくて事前に調べていなかったから、突発的に買ったから仕方ないかなー。



欲しい時はすぐに買うのが鉄則ですので。(自分に言い聞かせる)


iTuneストアバージョンは、Go! Teamがリミックスした曲が1曲入っているんですよね。

それはまあ、150円だしてダウンロードすることにして。


それとまだ昨日の時点では、Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド)の新譜、店頭には出ていなかったですね


28日発売だから、当然なんだろうけど、1日前の今日ぐらいには店頭に並ぶかもですよね。 楽しみです。


You Could Have It So Much Better

フランツ・フェルディナンド

ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター


(そういえば、DVDのLaterレイター)COOL BRITANNIA」のPart2が11月に発売になるんですよね!)


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-09-26 07:28:57

Jazztronik(ジャズトロニック) - CANNIBAL ROCK

テーマ:邦楽
Jazztronik
CANNIBAL ROCK


野崎良太のワンマン・プロジェクトのJazztronik(ジャズトロニック)




ハウスミュージックをベースに、いろいろなリズムの要素をミックスした音楽を作り出しています。

全般にボサノヴァ色が、多少強いかな。


彼らのオフィシャルサイトで、音を少し聴くことが出来ます

 → オフィシャルサイト


私は、前に「情熱大陸ライブ 」を見に行った時に生で演奏を見て、かなり感動してしまったのですけど、これは8月に出たフルアルバム 。


私は、前のフルアルバムの「虹色」しか聴いた事がないので、あんまりたいしたことは言えないのだけど、これはかなり素晴らしい作品だと思います。


ソロプロジェクトなので、いろんなヒトが参加しています。ボーカルの入っている曲は、外国のアーティストが多いですね。


日本語の曲が2曲あります。「SEARCHING FOR LOVE」 と「流星」。


SEARCHING FOR LOVE」のボーカルは今井美樹です。ハウスクラブ調の曲、すごく爽快で良い曲だと思います。やっぱり、評判どおり、今井美樹は歌がうまいです。



リズムは本当にどの曲も多彩なんだけど、このアルバムでは、流れるようなピアノとパーカッションの演奏が印象的です。


DENTRO DE MIN」なんて最高に躍動感もあって、演奏も多彩で安定感もあって、特に素晴らしい曲ですよ。


生でこのアルバムの曲、聴いたら最高だろうなー。 


本当にJazztronikの生の演奏はスゴイんですよ。鳥肌が立つぐらいでしたね。


今月末にライブが大阪でもあるんだけど、 10月19日にも続けてアルバムを出すので、「Jazztronik」を好きなヒトからすればもちろん、嬉しいことだけど、私の財布がキツイのも事実であり。。


まあ、私は幸運にも、今年は1回生で見る事ができたし。外タレじゃなくて日本のヒトだから、多分コンスタントにライブをしてくれるだろうという安心感もありますし。


今回のライブはちょっと見送って、その分、次のアルバムを楽しみにすることにしました。


多分、アルバムなんか聴いていなくても、ライブはスゴク楽しめる事は間違いなかったんだけど。。


でもその前に、私は夏バテがまだちょっと完全に回復していないので、早く元に戻さないと。。

来月もいろいろ忙しいですし。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。