1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 19:50:03

Coldplay(コールドプレイ) - X&Y を予約注文

テーマ:洋楽 A-E

3枚ほど前から欲しかったCDを買おうとおもい、Amazonを探索しておりました。


で、勢いでこれも1枚追加で購入予約してしまいました。。


さてはて、私の耳にはフィットするかどうか分からないけど、前評判もよさそうだし。


アーティスト: Coldplay
タイトル: X&Y

Coldplay(コールドプレイ)の方は日本のAmazonの輸入盤ストアで買ったから問題なく届くでしょう。

日本先行発売だから輸入盤はちょっと遅く届くんだけど、国内盤はCCCDというのがねえー。それで、輸入盤にしました。


いち早く試聴されているyokoさんの記事 も参照ー。


他の3枚はですね、日本のAmazonでは、買えなかった(または運送値を考慮に入れても値段が高かった)んで、インターナショナルのAmazon.comから注文を入れました。


無事に再生できるCDが届くのかな。

住所とか、ちゃんと英語で入力できたと思うんだけど。。

個人輸入なんかしたことないんで、ちょいと不安ですね。まあ、でもバイアグラ買うわけじゃないですし、まさかAmazon.comが悪事を働く会社とは思いませんが。


その3枚もねえ、よせばいいのに、値段の安さで負けてマーケティングプライスで出品者から買ったので、どうなるんすかね。まあ出品者と言っても、個人じゃなくて海外の業者なんだけど。


CDが無事届いたら、業者名とかも納入の期日とか、包装が丁寧だったとかの情報もレビューしてみましょう。これから個人で買おうと思う人への参考情報になるとは思いますので。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-31 08:15:42

Waterboys(ウォーターボーイズ)のアイリッシュトラッド期

テーマ:洋楽 U-Z

Pogues(ポーグス)のようなパンキッシュな勢いとは又ちょっと違う感じ熱さを持っているのですが、アイリッシュトラッド風味といえば、Waterboys(ウォーターボーイズ)は大好きなんです。


トータルの歴史で考えると、リーダーのMike Scott の嗜好がほぼ100%反映されたUKのバンド。


'Don't Bang The Drum」、「'Big Music」、「All The Things She Gave Me」の曲のような、かつてのU2を少し冷ましたようなストレートロックを奏でていた前期も好きなんだけど、その後のアイリッシュトラッドへと傾倒している時代のアルバムが大好きなんですよね。


多分、ヒットシングルの「Whole of the Moon」にその兆しがあったと思う。おおらかで独特のリズムで、そしてちょっと彼らが作るのが苦手だったと思われたポップなリズムもうまく取り込まれていた名曲。


で、アイリッシュトラッドへと傾倒している時代のアルバムは以下の2枚。

   

左の「The Fisherman`s Blues 」は自然発生的とも思われたアイリッシュトラッド風ロックの曲が含まれるが、今までのストレートロック風味も残しており、聴き応えはとても強い。


1曲目のタイトルチューンから7曲目「And A Bang On The Ear」までは、アイリッシュ風味を取り入れながらのストレートロックがうまく流れる。Van Morrisonのカバー「Sweet Thing」を含み、ポップさもあり、なんと言ってもバイオリンを含む演奏も素敵。


後半はとても落ち着いたリズムを持った曲が並ぶ。ポエトリーリーディングをミックスした「The Stolen Child」が良いアクセントになっている。


右は「Room to Roam」。「The Fisherman`s Blues 」でのアイリッシュリズムをさらに傾倒していった1枚。あまりマーケットのことを考えていなかったせいなのか、少しポップさは落ちるが、軽快な曲が並ぶ。


こっちのほうが、より聞き心地は増し、演奏もいかにも楽しげに思えてくる。

「Man Is in Love」、「Bigger Picture」、「Spring Comes to Spiddal」とか良い曲満載。


この後、Waterboysはアルバム「Dream Harder」を作り、都会的で普遍的なロックへと回帰していったので、私もちょっと以降は聴く機会が減りました。アイリッシュ嗜好をもうちょっと続けて欲しかったかな。


聴いたことない方には、前期からこのアイリッシュトラッド期の名曲をまとめたベスト もお勧めです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-30 20:50:16

「Born in the USA」 - 紙ジャケット仕様発売記念

テーマ:80年代洋楽
USロックのボス、Bruce Springsteen (ブルース・スプリングスティーン)と言えば、最近アルバム「Devils & Dust 」を出して、ヒットチャートでも健在振りを見せたが、 あの懐かしい大ヒットアルバム「Born in the USA」がなんと、紙ジャケット仕様で7月19日に再発される!
マニアには垂涎かも。(なんかレコスケ君みたいだ。)

アーティスト: ブルース・スプリングスティーン

タイトル: ボーン・イン・ザ・U.S.A.(紙ジャケット仕様)


84年に発表で、だれでも(多分)知っている大ヒットアルバム。


最近は彼自身が大統領選の応援などに出てくるように、USの国粋主義的アイコンに勝手にされてしまったきっかけを作ったとされるタイトルチューンはもちろん有名すぎ。


個人的には軽快でポップな「Dancing in the Dark」、「Cover Me」、「Bobby Jean」、「I'm Goin' Down」、「No Surrender」、そして自身が消え行くようなほどまでに、闘志をうちに秘めこませて歌ったスローな「I'm on Fire」がツボでした。


今は僕もいろんな洋楽を聞くようになったけど、これが洋楽を聴くきっかけのうちの1枚であることは間違いないです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-30 08:19:08

Danny Wilson(ダニー・ウィルソン ) - Best of

テーマ:洋楽 A-E

一応持っていたものの、殆んど聴いていなかったです。

彼らの「Mary's Prayer」だけは、いっつもMP3で聴いていたので。


アーティスト: Danny Wilson
タイトル: Best of

Danny Wilson(ダニー・ウィルソン)は3人組のスコットランド出身のバンド。やっぱり80年代後半に2枚のアルバムを残した。

このベストは95年に出たベスト盤。といっても殆んど1stアルバムの「Meet Danny Wilson 」からの曲が占める。


シングルの「Mary's Prayer」は有名だと思うんだけど。なんともポップで、初めて聴いたら忘れられない美しいサビが印象的なアップテンポでソフトな仕上がりの曲。


オリジナルアルバム単位だと、「Mary's Prayer」が入っていて他の曲のクオリティも高い1stの「Meet Danny Wilson 」だけで十分だと思う。


でも、このベストは僕の好きな曲「The Second Summer Of Love」も入っているし、ジャケットのデザインも素敵なんで、お勧め。


あまりにも正統派のまっすぐなポップなんだけど、そんなに熱いという感じは漂わさない。

なんか熟練した職人さんが飄々と手作りで作ったような、暖かい雰囲気をかもし出しています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-30 01:18:25

及川光博「GOLD SINGER(ゴールドシンガー)」での80年代邦楽カバー集での選曲

テーマ:邦楽

元m-floのLisaが80年代洋楽をカバーしていたという記事 に連動して、及川光博(ミッチー)が80年代歌謡曲をカバーしたアルバムがあったのを思い出しました。


去年暮れに出ているから、話題が古いって思っているかもしれませんけど。。私のブログはこじんまりとやっているんで、お許しください。。(TB来てくれたら勉強になるんだけど。。)


アーティスト: 及川光博, 小林和子, 門谷憲二, 松本隆, 康珍化, 売野雅勇, 岡村靖幸
タイトル: GOLD SINGER(ゴールドシンガー)

何をカバーしているかって?こんな感じ。


1.恋=Do! (田原俊彦)
2.君は薔薇より美しい(布施明)
3.ROMANTICが止まらない(CCB)
4.君だけに(少年隊)
5.2億4千万の瞳 (郷ひとみ)
6.聖書(岡村靖幸)
7.唇よ熱く君を語れ(渡邊真知子)
8.NANA(チェッカーズ)
9.ボクハナク(ムーンライダース)


おおよそこれまた、よく知られている曲ばかりですが、ムーンライダースとは渋い。。。

私、ムーンライダース好きなんですよねー。


これはなかなか良い感じじゃないでしょうか。選曲だけ見た感じだけなんですけど。


でも、大変だっただろうな。メジャーな曲をカバーするというのは。。


80年代洋楽もいいですけど、80年代邦楽も曲名を見るだけで、なかなか胸にキュンと来るものがありますね。


シングルで後で出たらしいですけど、「愛のメモリー」もアルバムに入る予定があったらしい。


それが収められなかったのはちょっとアルバムとしては惜しかったかもですね。誰か持っていないかなー。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。