深夜番組の「コンバット」
女子高生がファミレスで会話をしているコントの時、
その女子高生の着メロがRing Ding Ding: 気分はリン・リン・リンなんです。
なんだか、今日現在どうしても頭から離れない。

A ring ding ding ding ding ding ding din...............

去年、クラブとかでよく流れてて、同じように頭から離れなくなったけど・・。
まさか、2年連続悩まされるとは・・・・。

Ring Ding Ding
AD

ヘアスプレー

テーマ:



ブロードウェイのミュージカルでも人気があり、
ヒロインは新人、母親役は男でないといけないというルールがあります。
なんで、オーディションから選ばれたニッキー・ブロンスキー。
そして母親役はジョン・トラヴォルタ。
そう、ジョン・トラヴォルタのステップが観れるわけです。

ボルチモアの人気TV番組「コーニー・コリンズ・ショー」
のダンサーに憧れる16歳の女の子トレーシ。
歌も踊りも上手なんだけど、何より体系がビッグ。
そんなの体系も気にしない明るいキャラクターで、
ひょんなことからレギュラーの座をつかみ、人気者になる。
ライバルママ(番組マネージャー)の陰謀にはまったり、
やりかえしたりと。
そして、人種差別を大きな問題として扱ってます。

最近、比較的暗い映画ばかりみていたというか、
ミニシアター系ばかりで。
だから、でかい映画館、こういう明るい作品は疲れてしまうけど、
結構飽きなかった。

こういう大作系はいつもお酒を飲みながら鑑賞するんだけど、
お酒とおつまみも手伝って楽しい気分になりました。
AD

僕がいない場所

テーマ:



孤児院を脱走して母親の元に帰ろうとする、
将来詩人になりたいと思っている主人公の少年。

家に戻ると、荒れた生活をしている母親。
デートに来ない男の心配をして、
息子に対して邪魔だから「もう来ないで」と残し。

少年はひとりで生きていこうと決め、
川べりの小舟で暮らすようになる。

その小舟の前に住んでいる裕福の家庭。
少年の前にそこに住む女の子が現れる。
彼女もまた劣等感などで心を痛めており、
やがて共感し合う少年と少女の絆を深めていく物語。


個人的にポーランド映画って初めて観たかなぁ。

ストーリーもだけど、寂しい感じの景色や情景が
なんだか切なくさせます。

音楽もピアノレッスンなど手がけた
マイケル・ナイマンが担当したことにより、
この映画にとても合っていたように思いました。
AD