ムラオの宝塚ブログ

宝塚好きな男子があれこれつづります


テーマ:

星組の大劇場今年2作目の演目が発表に。

ミュージカル「ベルリン、わが愛」作・演出/原田諒
タカラヅカレビュー90周年「Bouquet de TAKARAZUKA」作・演出/酒井澄夫

1本モノ大作「スカーレット・ピンパーネル」の次は当然ながらオリジナル2本立て。原田&酒井と来たか~。


芝居の方はサイレント映画からトーキーへと移り変わる頃をのドイツ・ベルリンが舞台。映画を愛した人たちの姿をラブロマンスを織り交ぜながらドラマティックに描き出すとか。

「オーム・シャンティ・オーム」はインド映画界が舞台で、今度はドイツ映画界。紅ゆずるを中心とした新生星組はよくよく映画界モノと縁があるらしい。


原田君は昨年の「For the people-リンカーン-自由を求めた男-」で読売演劇大賞作品賞にノミネートされたり、別箱作品は結構評価されてるけど、大劇場となるとファンの評判が芳しくない印象。大勢の組子をきちんと使い切り、話を1時間半にまとめるというのが苦手なのかも。


タイトルがなー、昔の「白夜わが愛」と「1914/愛」を想起させる。


ショーは「世界巡りの形式で展開するバラエティに富んだ場面に、きらめく花のように多彩な輝きを放つ紅ゆずるを中心とした星組メンバーの魅力を一杯詰め込んだ」というあらすじがテキトーすぎてまずワロタ。ま、紅自身が実力でショーを見せられるタイプでもないからどうしようもないだろうけど。


酒井先生って洋物ショーはすさまじく久しぶり。2008年の宙組「Passion 愛の旅」以来とか。星組は15年の「ガイズ&ドールズ」で演出しているから生徒の特性とかもある程度分かっているのかもしれないけれど、さてどんなショーを作るのか。


「世界巡り」とか言ってる時点でどーよ??という気もするww。「世界巡り」「星巡り」とか言われると途端に駄作臭がするのは、もはや「タカラヅカあるある」ですねwww。



↓↓ポチッとしていただければ、大変嬉しゅうございます!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。