おてらさん

大分にある臨済宗のお寺さんです。


テーマ:

「一見四水」

いっけんしすい

 

メモひとつの水も、天人はこれを瑠璃と見、人間はこれを飲み物と見、餓鬼は血と見、魚は住処と見る如く、それぞれの立場によって見方は異なる。

 

先日、上の子たちの学校で体育祭があり、妻は早朝からお弁当作り、自分も子供たちを送るついでに席とりと、張り切って望んだのですが、台風接近にともなう雨のため、残念ながら午前中で中止となりました。

こちらは昨年の体育祭の写真

 

8月中は全く雨が降らず、あれだけ雨降れ降れと言っていたのに、今度は空を見上げて「降るなよ~」と恨み言です。

人間とは、ほんまに自分勝手なもんですわww

 

水って、本当に不思議な存在です。

雨が降って落胆する人がいる一方で、恵みの雨だと喜ぶ人もいる。

人間だけではない、あらゆる命が水なしでは生きてゆけないのに、場合によっては命を奪う存在でもある。

 

立場によってとらえ方が違うという事はよくあります、色々な問題も。

 

最近、問題になっている待機児童問題でも、保育園を建設して欲しい人と、建設反対の人。

子供の声を癒やしととるか、騒音ととるのか、立場によって受け止め方が違い、答えの出ない議論が続いている。

病院のお向かいに火葬場問題だったり、先日テレビで観たのはマンションに児童相談所問題なんかもそう。

結局はとらえ方の違いからお互いの主張がぶつかりあってこじれてしまっているのだけれど、解決する方法は一つしか無い。

それぞれが、お互いの立場に立って考える

ただそれだけ。

 

うちも、末っ子の療育手帳を作る際には児童相談所のお世話になりました。

手帳を更新する際にも行きます。

なので、児相がどんな場所か知っています、ひと言で言うと「思ったより静か」な場所です。

職員の皆さんは皆いい人だし。

「逃げ出した子が入り込んだら困る」みたいな発言があったようですが、鑑別所と勘違いなさっているのかなと。

無理解ほど悲しいものはありません、お互いに理解し合う姿勢が大切なのではと思います。

自分の利だけをひたすら主張し続けるだけでは、世の中は回りません。

 

奪い合えば足らぬ、譲り合えば余る。

 

立場が違えば見え方も違うということを、まず認識した上で、主張すべきところは主張しなければ、なにも解決せずに遺恨だけが残る。

結局、時間だけが費やされて、何も解決しないでは皆が困ることになる。

 

人にはそれぞれ立場がある

それぞれの価値観がある

他人の価値観を否定してはいけない

 

 

一見四水

心のどこかに是非とも留めておきたい言葉です。

 

昨年行われた「水辺の学校」の風景

 

 

 


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

はあさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。