おてらさん

大分にある臨済宗のお寺さんです。


テーマ:

「鐘声七条」(しょうせいしちじょう)

(無門関第16則)

 

雲門曰く「世界恁麼(いんも)に似たり。甚に因ってか鐘声裏に向かって七条を着る」

 

雲門が言った「世界はかくも広々としている。なのにどういうわけで、鐘が鳴れば七条(袈裟)を着るのか」

 

 

 

禅の修行道場では、様々な「鳴らし物」による合図で皆が動く。

半鐘、大鐘、振鈴、木版、雲板に法鼓などなど。

一番いやだった鳴らし物は、起床の合図で鳴らされる振鈴のチリチリという音。

逆に待ち遠しくて仕方なかったのは、止静(坐禅タイム)の終わりを告げる引聲のチ-ンという音でした。

新入り雲水の頃は、足が太くて短いこともあって、坐禅の時間が辛くて仕方ありませんでした。

それでも1年ほど居れば、そんな生活にも慣れてしまえるのだから、人間というものは本当に不思議(笑)

 

けれど、雲門禅師はそんな修行者達の「慣れ」に気をつけろと言っています。

鐘が鳴ったからと言って、条件反射的に袈裟を着けていてはいけないと。

 

何か行動する際は、そこにいつも主人公(主体性)が存在しなければならない。

パブロフの犬のように、何か刺激を与えられて、何も考えずに反射的に行動していては、そこに主人公は無い。

 

次の行動を促す「鳴らし物」が聞こえたら、自分は何をすべきか、まず考える。

毎日、同じ事をくり返していても、いや、くり返す毎日だからこそ、考えることが大切だ。

 

もちろん、修行僧だけではない、一般在家の皆さんも気をつけないと。

何も考えずに、条件反射的に行動させられてはいないか。

時々、立ち止まって確認してみたほうがいいかもしれませんね。

 

 

 

考えることを忘れるな。

主人公を、見失うな。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

はあさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。