おてらさん

大分にある臨済宗のお寺さんです。

なんの笑いか?

なんの喜びか?

心は常に燃えているのに

心は暗黒に覆われているのに

なぜ灯明を求めないのか。
(法句経)



仏教の教えは「生きてゆくための指針」です。

正しい仏教の知識を伝えたい。

傷ついた人に、生きる力を取り戻して欲しい。

そう祈りながら、日々精進しております。













www.zuiunzan.com/
facebook.com/zuiunzan
zuiunzan@art.coara.or.jp


龍興寺HP









テーマ:

末っ子は、学校がある日は放課後は障害児のデイサ-ビスのお世話になっています。

今日もきっかり5時にデイから帰宅。

 

最近のマイブ-ムはこの場所でヨチヨチと歩いて、ただただ行ったり来たりすることなのですが、今日は同じくらいの年頃の男の子が話しかけてきました。

 

当山では本堂で学研教室をやっておりまして、お勉強を済ませた子たちが、いつも境内で遊んでいるのです。

 

髪を引っ張っているのではありません。

末っ子は後ろを見る時、ガクンと縦に後ろを向くのですが、それを心配して起こしてくれていますww

「何年生?サッカ-しようよ」

と、誘われたのですが、残念ながら末っ子には通じません。

面目ないっす(ノД`)

 

でもこれが普通の大人ならば、彼のことを「障害を持った可哀想な子」みたいな眼で見て、もっと気を遣って接触する、もしくは関わり合いを避けるところでしょう。

 

それは禅で言うところの「はからい」です。

善い悪い、損だ得だ、やったやられた、勝った負けた。

私たちは生きている間に、無意識のうちに何かを対立させて、はからいの中で生きています。

そのはからいを越えたところに「ほとけの心」が存在します。

 

はからいの中では健常者と障害者とを区別して考えますが、この子にはその区別がありませんでした。

だから、友だちに話しかけるように「サッカ-しよう」と普通に声をかけたのでしょう。

この男の子に、仏の心を垣間見た瞬間でした。

 

寒い日でしたが、心は暖かくなりました。

有り難いことです。

(>人<)合掌

 

 


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。