節入り

7月7日小暑の節より8月7日r立秋の節までの月干支は "乙・未" です。

 

 

7月の干支をアップしています。

 

HPはこちらの方から、ご覧くださいね→

 

AD

大切な家族

テーマ:

今年に入ってから心臓に雑音がありACE阻害剤を投薬することになったチビ太ですが、10日に1度は病院に連れて行き診察してもらってました。

先生の診断ではいつも、100点ではないですが70点くらいですね!投薬の結果はでています。ということでした。

ですが、5月あたりから咳きこむ時間が長くなってきました。

そして、22日の朝方、苦しそうに咳きこみながらフラフラ歩き、咳が止まると横になって1日元気ありませんでした。

こんなチビ太は初めてなのでとても心配でしたがあいにく日曜日は休診だったので様子を見るしかありませんでした。

幸い、翌日何事も無かったように薬も飲み食欲もでてホッとしていました。

ところが安心したのも束の間、次の日にまた咳きこみながらフラフラ歩き出しての症状が治まらなくなってきて私もパニックに!!

慌てて電話をかけて先生に訊くと、心不全の症状の肺水腫になっている可能性があり利尿薬で肺に溜まった水を排泄しないと良くならないということでした。

すぐ、往診に来ていただき処置してもらい、なんとか落ち着きました。

翌日、レントゲンを撮ると、心不全が進行し肺水腫になっていたので、1日1回のACE阻害剤だけの投薬ではとても良くならないということに…

1日1回でも難しいのに、1日2回は…とても不安になりましたが命に代えれません。

有難いことに先生から薬を上手に飲ます方法を教えていただけることになり、早速翌日から通いました。

1人が抱えて頭を固定して、もう1人が投薬という、二人三脚です。

ニュートリカルという高エネルギーサプリに砕いた薬(ACE阻害剤・ピモベンダン)を混ぜて口元に塗って舐めさせるという方法で徐々に慣れさせて家でも与えれるようになりました。

 

チビ太の咳もおさまり食欲もビックリするほど旺盛になり元気になりましたが、数日して咳がまた徐々に…あれっ?なんかおかしい?

そしたら一昨日、夜中から、またあの症状になり朝一番に病院に駆け込みました。

レントゲンを撮ると、前回ほどではないですがやはり肺水腫でした。

今回は、完全に水分が排泄するまで利尿剤を投薬することになりました。(体の余分な水分の排泄を促すお薬)

前回は利尿剤の注射を朝1回、3日間だけ打ちましたが、利尿剤の投薬は注意深く使用しないといけないようです…。

チビ太は中期まで進行してるので前回からのACE阻害剤・ピモベンダンの投薬治療に当分利尿剤もプラスすることになりました。

この先、投薬しながら安静にして大事に至らないようにしないといけませんが、1日でもストレスなく機嫌よく生きしてくれるのが願いです。

 

また、少し前からポン太も咳が出だしたので、ACE阻害剤の投薬を始めました。

ポン太はとてもやり易いので投薬の不安はありません。

球もリュウマチですし…

チョコは今のところ元気でリーダー頑張ってます!母は強し(笑)

 

4チーみんなシニア世代なのでこれからの健康管理は本当に大切だと思いました。

 

長々とお付き合いありがとうございました!

 

 

 

AD