法務省は17日、犯罪取り調べの録音・録画(可視化)のための法案について、今国会への提出を見送る方針を民主党に伝えた。夏の参院選後に国会提出時期などについて改めて協議する。
 取り調べ可視化は、昨年の衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に明記されており、党内では今国会提出を求める意見が強かった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

県内産日本酒で統一ブランド=熊本〔地域〕(時事通信)
役員刷新なければ離党も=自民・園田氏(時事通信)
郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)
<妊娠糖尿病>診断基準を厳格化(毎日新聞)
ホワイトビーチ案も浮上=普天間移設(時事通信)
AD