仙谷由人国家戦略担当相は17日の記者会見で、将来の事務次官制度の廃止に向け、今国会に提出する国家公務員法等改正案の付則に「次官を含めた幹部職の役割は今後、検討を続ける」と明記する方針を明らかにした。同改正案は19日に閣議決定する。仙谷氏や原口一博総務相は事務次官廃止を提唱しており、今秋に予定している公務員制度の抜本改革に向け引き続き検討する。【小山由宇】

【関連ニュース】
公務員制度:次官~部長「同格」に 政府方針
公務員改革:次官・局長の部長級への降格容易に…政府方針
枝野行政刷新相:4月にも仕分け作業開始 就任会見で抱負
枝野幸男氏:行政刷新担当相に就任 鳩山内閣、閣議決定で
原口総務相:公務員法の改正案 現行案では受け入れられず

国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)
NY原油急反発、76ドル台(時事通信)
消費税、方向性提示に慎重=論議は容認-枝野行政刷新相(時事通信)
税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
<鳩山首相>カレーライス食べ、新人議員らと懇談(毎日新聞)
AD