30日に投開票された愛知県大治町長選で、名古屋市との合併推進を訴えた元中日選手、岩本好広氏(50)=みんなの党推薦=が初当選したのを受け、河村たかし名古屋市長は31日の定例会見で「住んでいる人にとっていいことになればやってもいい」と合併に前向きな姿勢を示した。

 岩本氏は河村市長の施策に追随し、町民税10%減税も主張している。河村市長は「日本一税金の安い町になる。少しでも安くサービスが受けられるようになれば」と減税を進める勢力の拡大に期待感を込め、「大治のみなさんと名古屋市民が一緒になっていくなり、どうするのがいいのか、住民から(議論が)まき上がるようにしなければならない」と話した。【高橋恵子】

【関連ニュース】
減税日本:参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
名古屋市議会:河村市長に対抗心、TVの広報番組を要求

<震度速報>気象庁から速報されず(毎日新聞)
河内音頭で大阪PR 上海万博参加の菊水丸さんら橋下知事表敬(産経新聞)
公務員の新規採用抑制、人件費削減効果80億円(読売新聞)
相撲協会、2親方処分へ 暴力団幹部ら観戦問題(産経新聞)
<ブラック企業>長時間残業強制、低待遇……働かせ方、労働法に違反(毎日新聞)
AD