坂本龍馬が多くの足跡を残した長崎で、観光客を呼び込むユニークキャラクターなどが登場している。
 JR九州は「龍馬 長崎で待つ」の大きな文字と龍馬の写真を配したラッピングトレインを運行。かわいいキャラクターの「ながさき龍馬くん」は、長崎に伝わる中国由来の「龍踊り(じゃおどり)」とも共演して、長崎駅前(長崎市)で観光視察団を歓迎した。龍踊りは神事であるため、派手なキャラクターと一緒になることは少ないが、龍馬を生かした観光振興のために実現したという。
 ブームに火を付けた大河ドラマでは、間もなく舞台が長崎に移る見込み。長崎市は、着地型観光の成功例として注目される「長崎さるく」に「英雄編」を登場させ、龍馬が活躍した地を徒歩で巡る旅を目玉としてアピール。龍馬人気を生かした観光振興を本格化させる構えだ。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕チャグチャグ馬コ、今年は6月12日=岩手
〔地域の情報〕「芝桜の丘」に大勢の観光客=愛知県豊根村
〔地域の情報〕16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市
〔地域の情報〕乗り放題のバス「くるる号」運行=北海道富良野市
〔地域の情報〕色鮮やかな芝桜のじゅうたん=福島県平田村

「当社はお客さまに会いません……」と言う会社の社長に会ってみた(Business Media 誠)
<死体遺棄>側溝に切断された両脚 新潟・村上(毎日新聞)
不正ケシ流通 神奈川県が判断ミス、謝罪(産経新聞)
普天間調整難航、連立残留で亀井氏が福島氏説得(読売新聞)
<フィギュアスケート>夏も人気 満員続くアイスショー 現役トップが目白押し(毎日新聞)
AD