ライブドア(現LDH)の粉飾決算事件を巡り、LDHが旧経営陣らに約363億円の賠償を求めた訴訟は、東京地裁(菅野博之裁判長)で和解が成立した。LDHが23日、発表した。宮内亮治元取締役(42)ら6人が総額約7億6500万円を支払う内容。これで訴訟は終結した。

 他に和解したのは、熊谷史人元取締役(32)ら3人と当時会計監査を担当した港陽監査法人=解散=の小林元(もとし)公認会計士(55)ら2人。小林会計士は上告中だが残る5人は既に有罪が確定している。

【関連ニュース】
堀江被告:三線など差し押さえ「何でこんなことに」
ライブドア事件:原告株主申し立て、ゴルフバッグ差し押さえ 堀江被告「何で?」

提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集-厚労省(時事通信)
「ブレーキに不具合なし」プリウス事故で千葉県警(産経新聞)
足利事件再審 裁判長の謝罪全文(産経新聞)
海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
AD