福岡市西区の能古島の海岸で、会社員諸賀礼子さん(32)の遺体の一部が見つかった事件で、福岡県警博多署捜査本部は18日、死体遺棄などの容疑で、同市博多区の自宅アパートを現場検証した。失跡後に県警が行った実況見分では事件性をうかがわせるものは見つかっておらず、捜査本部は諸賀さんの足取り解明を急いでいる。
 捜査本部などによると、諸賀さんは職場を出た5日午後7時から、同僚が自宅アパートを訪れた6日午前5時までの間に事件に巻き込まれたとみられる。
 捜査関係者によると、諸賀さんが通勤に使った車が残されていたほか、室内には諸賀さんのかばんや財布、仕事用の携帯電話があった。激しく争った形跡や血痕などは見つかっておらず、車内にも異常はなかった。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄~事件の経過を振り返る~
無期求刑の男に懲役28年=強盗致死、裁判員裁判
3人殺害への関与認める供述=凶器も発見
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」
妻と義母ら3人殺害か=死体遺棄容疑で夫逮捕

センバツ 開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)
【from Editor】テンプルに当てた一発の気概(産経新聞)
村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言(産経新聞)
定昇は維持、一時金満額割れも…春闘一斉回答(読売新聞)
AD