国民新党の亀井静香代表は12日の記者会見で、社民党の福島瑞穂党首が修正を求めている労働者派遣法改正案について、「原案通りにはいかない」と述べた。社民党と歩調を合わせ、派遣先企業が派遣労働者を受け入れる前に行う事前面接の解禁に反対する考えを示したもの。
 福島党首も同日の会見で、事前面接を解禁する項目の削除を求める意向を重ねて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

子ども手当法案衆院委可決「買収だ」…自民総裁(読売新聞)
はさみで男性の首刺す=東京・渋谷、男が逃走(時事通信)
中2と16歳の車が事故 飲酒検問突破しパト追跡中(産経新聞)
橋下知事が朝鮮学校視察「総書記の肖像撤去を」(読売新聞)
日弁連会長選 再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
AD