米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する政府の対処方針案に、代替滑走路の建設先として、日米共同声明の内容を説明する形で「辺野古」の地名が明記されていることが28日、明らかになった。方針案は、日米両国政府が共同声明に「代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古先地区及び隣接する水域に設置する」ことなどを盛り込んだことを明記した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

H2A 打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ(毎日新聞)
皇居ランナーが自転車と接触、女性軽傷(産経新聞)
戒告処分の前部長天下り 福岡県町村会不正事件 (産経新聞)
<こち亀>麗子像「スタイル守る」 制作会社現場確認、補強など対策検討(毎日新聞)
<「アイリス」>新シリーズ、鳥取がロケ地に チョン・ウソンさん主演 (毎日新聞)
AD