厚生労働省は4月15日付で、有床診療所入院基本料の施設基準に係る届出書の提出期限を14日から26日まで延長するとの事務連絡を地方厚生局にあてて出した。

 有床診療所入院基本料は、4月の診療報酬改定で施設基準が改正されたため、これに係る届け出を新たに行わなければ、3月まで算定していても4月以降は算定できなくなる。

 3月5日付の事務連絡では、4月14日までに届出書を提出し、月内に要件審査を終えて受理されれば、1日までさかのぼって有床診療所入院基本料を算定できるとしていた。しかし、届け出を新たにしていない有床診療所が少なくなかったため、15日付の事務連絡で届出書の提出期限を26日まで延長。月内に受理されれば、1日までさかのぼって算定できることとした。

 5月以降は、届け出が受理された翌月の1日から算定が可能になる。


【関連記事】
【中医協】有床診入院基本料を再編成
有床診療所の評価「実質引き上げ」-厚労省担当者
【中医協】有床診、「31日以上」の入院基本料増額で一致
診療所の病床、1年間で6000床減-1月末概数
地域貢献加算、留守電による対応も可―厚労省が解釈

普天間移設 「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)
<渡部恒三氏>「小沢君は絶対辞めない」名古屋の講演で(毎日新聞)
消費税論議「時期尚早」=平野官房長官(時事通信)
<仙谷担当相>「介護福祉士試験を柔軟に」認識示す(毎日新聞)
<訃報>須川昭さん83歳=元富士ピー・エス社長(毎日新聞)
AD