日本列島は21日、高気圧に覆われてよく晴れ、30度以上の真夏日となる所が多かった。気象庁によると、群馬県館林市では全国最高の33.4度。東京都心の大手町でも30.9度だった。22日も晴れるが、21日ほど暑くない見通し。
 群馬県では、前橋市でも32.0度となるなど、高温の地点が多かった。これは北西から山を越えてきた風によるフェーン現象の影響も考えられるという。
 2007年8月に日本の観測史上最高の40.9度を記録した埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市では、それぞれ32.6度と32.3度だった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
CO2濃度、最悪を更新=87年以降毎年
桜島、爆発的噴火500回に=2年連続
福島で全国最高33.3度=7日以降は雨も
岐阜で全国最高32.3度=真夏の暑さ続く

今年の生化学的検査試薬の売上高は534億円に―富士経済(医療介護CBニュース)
マレーシアから麻薬密輸容疑=台湾出身の女、主婦らに販売-警視庁(時事通信)
殺処分に全額補償=口蹄疫で特措法案―自民(時事通信)
【高速道路新料金】一部区間無料化の開始は6月下旬(レスポンス)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
AD