秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは2日、東京都三鷹市の国際基督教大学(ICU)の礼拝堂で行われた春季入学式に出席された。午前7時半すぎ、式に先立ってキャンパスに現れた眞子さまは紺のスーツ姿で、はにかみながら「うれしさ半分、緊張半分です」と感想を述べられた。

 天皇、皇后両陛下の初孫に当たられる眞子さまは18歳。皇室からICUに入学されるのは初めてとなる。大学によると、今春の学部生の入学者は585人。

 眞子さまは唯一の学部となる教養学部のアーツ・サイエンス学科で学び、2年次に理系・文系双方を含めた32分野の中から専修分野を選ばれる。

 3月に学習院女子高等科を卒業する際、眞子さまは「気持ちを新たにして、4月から始まる大学生活を迎えたいと思います」とする抱負を宮内庁を通じて公表されている。

【関連記事】
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”
秋篠宮さま、眞子さまラオスへご旅行
眞子さま、佳子さまご卒業
愛子さまご欠席、両陛下が「解決に十分配慮を」
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」

神経形成を促進する機能も=温度感知たんぱく質-群馬大大学院(時事通信)
郵政ドタバタ「限度額見直せる」で仙谷氏軟化(読売新聞)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)
核密約問題 佐世保市長が首相に質問状(産経新聞)
<北九州社長殺害>逮捕の元従業員、衝動的に犯行か(毎日新聞)
AD