12日午前6時5分頃、愛知県刈谷市一里山町のトヨタ車体富士松工場で、製造中の乗用車の窓ガラスに「硫化水素充満中」と書いた紙が張られ、車内で男性が倒れているのを、従業員の男性が見つけ119番した。

 男性はすでに死亡しており、駆けつけた消防署員が確認したところ、車内から硫化水素が検出された。

 県警刈谷署などによると、男性は40歳くらいで、上下青色の作業服姿だった。同社の期間従業員とみられ、後部座席の足元に横たわっていた。車内には硫化水素を発生させたとみられるペットボトルがあり、車のそばには自殺をほのめかすメモが置かれていた。乗用車はほぼ完成していた。

 同工場では、プリウス、エスティマなどの乗用車を生産。工場は午前6時半から翌午前3時まで稼働している。事故の影響で一時稼働を停止していたが、午前11時頃に再開した。

事故米転売、指南役の「三笠フーズ」元顧問に有罪判決(産経新聞)
女性が最もとりたい資格は「医療事務」 収入高いイメージ(産経新聞)
<能古島切断遺体>不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)
春の大雪 東北直撃 八戸で60センチ超(河北新報)
水俣和解一時金210万円 熊本地裁所見示す(産経新聞)
AD