富山県司法書士会は3日、同会所属の山田陽一司法書士(41)が、消費者金融会社から依頼者への返還金など約1000万円を着服していたと発表した。同会に対し、山田司法書士は「魔が差した」と着服を認め、生活費や遊ぶ金に使ったと話しているという。
 発表によると、山田司法書士は2007年夏、県内在住の依頼者1人から債務整理を受任。消費者金融会社とクレジットカード会社計3社との和解書を改ざんし、返還された過払い利息など計約200万円を着服した。また06年ごろから依頼者9人前後に過払い金はないと偽り、消費者金融会社からの返還金約800万円を着服したという。 

橋の補修中に足場ごと落下、2人死亡…熊本(読売新聞)
国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム(産経新聞)
2次補正巡る審議、景気・雇用情勢への論議低調(読売新聞)
「全大臣に」の質問「私の名前は菅」とイライラ(読売新聞)
<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
AD