小学6年と中学3年を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が20日、終了した。過去3回の調査で理解不足が判明した分野が重点的に出題されたほか、論理的な思考力や表現力を問う問題、実生活に即した設問が引き続き多かった。
 文部科学省は7月中下旬をめどに集計結果を公表する。
 テストは国語と算数・数学の2教科で、基礎知識を問うA問題と、知識を実生活に活用できるかを試すB問題がある。問題数はそれぞれ10~36問で、昨年とほぼ同量だった。 

【関連ニュース】
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
テスト点数かさ上げ=教員が誤答を書き換え

風俗事件、3年連続減=パチンコ、マージャン店は最少-警察庁(時事通信)
<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)
国交相反論「建設要望して値段上げるなとは…」(読売新聞)
メード服姿の“萌える”学生店長 夢は会社設立(産経新聞)
グループホームの6割、スプリンクラー未設置(読売新聞)
AD