東京都台東区のJR上野駅ホームから、足立区の男性会社員(42)を線路に突き落とし殺害しようとしたとして、警視庁上野署は25日深夜、殺人未遂の現行犯で荒川区東尾久、自称運送業、早瀬大介容疑者(33)を逮捕した。同署によると、早瀬容疑者は「もみ合いになった男性を振り払っただけで、殺すつもりはなかった」と供述しているという。

 同署の調べでは、早瀬容疑者は25日午後11時ごろ、京浜東北線内で、携帯電話の使用について注意され、口論となった男性をつかみながら上野駅で降り、反対側の山手線ホームから線路に突き落として殺害しようとした疑いが持たれている。

 同署によると、男性は左足を骨折する重傷を負って入院した。2人に面識はない。早瀬容疑者はJR西日暮里駅周辺の飲食店で飲酒後、同駅から乗車した。駅の警備員らが早瀬容疑者を取り押さえ、110番通報した。

【関連記事】
東京駅ホーム突き落とし、弁護側が控訴 裁判員裁判で懲役9年
8歳児への暴行を携帯で動画撮影 逮捕の15歳
茨城の民家放火容疑者「川に突き落とした」
線路に男性突き落とす 傷害容疑で18歳少年を逮捕
線路に男性を突き落とした男を傷害で逮捕 大阪・柏原

兄との再会願う「桜葬」…福知山線事故から5年(読売新聞)
【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)
<相模原市>全国19番目の政令市に 神奈川県で三つ目(毎日新聞)
「自立、自律、自浄」を-国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)
元・光GENJI赤坂被告、懲役1年6月判決(読売新聞)
AD