年末から家族全員で風邪を引き、始業から一週間

お姉ちゃん達は学校を休み散々で、かくいう私も

久しぶりに酷い咳が続き、すっかり披露が溜まっ

ていた頃、おんぶしてゴミ捨てからかえって来て

四女を降ろすと、がくがくっと震えて目が白目に

なっていて唇を噛んでいる。まさしくエクソシスト。

すっかり気が動転して、とりあえず隣に住む看護

婦さんのところへ駆け込み、高熱が出ている事や

呼びかけにも答えない、薬もないという事で近所

の総合病院へ看護学生の娘さんと一緒に行きました。


すぐ診てもらえて、パラセタモルという熱を下げ

る薬を飲ませて、水風呂に入れて20~30分水

を掛けて熱を下げる強攻策です。内心本当にこれ

でいいのか?と思いながらも必死で泣き叫ぶ我が

子に水を掛け続けるという。すぐ側には生後3ヶ

月の小さな赤ちゃん。発育が悪いそうで本当に小

さく産まれて間もない様にみえました。それはそ

れで心が痛みます。


熱が下がった所で小児科医が見つからない。薬を

処方して欲しいのに。そこに叔父と叔母が駆けつ

けてくれたので、叔母には家で子供達をみてもら

うようにして、叔父夫婦には私立病院に連れて行

ってもらう事に。子供病院等ありますが、公立は

人が多いしやめたほうがいいということで、叔父

の長女夫婦が友達と言う私立LA PAZ病院へ。

少し待っていると友達の医院長先生が小児科医到

着まで診てくれて、小児科医の先生もいい人で

「ママーママー」と泣き続けるすーちゃんに話しか

けながら耳を診たり、喉を診たり。炎症を起こして

いたそうで薬を処方してもらい、助かる事に薬はど

の薬局でも良いそうで、ディスカウント薬局に行き

叔母に買ってもらって(何も持たずに出掛けてしま

ったので)

因に小児科医には300ペソ、薬は全部でいくらだ

ったのかはわかりませんが、一番高い抗生物質は日

本のアステラス製薬のライセンス品Denvar(568

ペソ)100ペソ、57ペソそして座薬が80ペソ。

800ペソ近いので、半額としても400ペソですね。

叔母は500ペソしか受け取ってくれませんでしたが。


帰宅は10時半。長女と三女は寝ていましたが、次女は

叔母と宿題をしていました。(こんな時に?)

隣のおばさんと娘さんもいてくれて、皆にすっかりお

世話になってしまいました。

翌日小児医学の本を見ていると、熱性けいれんはよく

ある事なので,慌てずまずは横にして衣服を緩めてゆ

っくりさせて、熱が高いときは解熱剤で熱を下げてか

ら病院に行くのだそうです。夜や休日等は熱が下がれ

ば翌日まで待っても大丈夫だそうで、4人目にしてまだ

初体験があるものですね。


家に向かう車の中で叔母に、水なしで飲める咳止め

の薬と言われて口に入れた途端、カプセルの中から出

て来た薬が喉に張り付いて息が苦しいし、もっと咳が

出るし舌が麻痺するしで、死ぬかと思いました。

その週末実家に帰った時に、近所のシミラレス薬局

(ジェネリックの薬屋、独自ブランドの薬も展開して

いて最高70%引きという庶民の味方)に診察室を持つ

先生の所に行き、注射を含めて薬を処方してもらいま

した。診察料30ペソなので、気楽に診察してもらえま

す。風邪も初期段階ならホメオパシーという選択もあ

るので、家族で通っています。

注射も薬局で購入して(注射器も)歯科医の義姉が注

射できるので、打ってもらい。といってもメキシコは

静脈注射ではなく、おしりに打つので看護士免許うん

ぬんと厳しくはない様です。個人の診療所には基本医

師一人で、看護婦さんがいるのは稀なので注射となる

とお医者さんが打つのかな?


シミの薬も注射が3本(1本100ペソが40ペソ)

3日にわけて打ちます。260ペソの薬が一番高く70

ペソ他の物も含めて300ペソ弱。注射は効き目が抜群

です。3日目打ち損なっても治りました。あんなに咳

や鼻水で昼夜を問わず苦しむ必要はなかったのだと後

悔。次回は初期で食い止めたいと思います。


特に子供達は早め早めに対処して、重くならない様に

しないと可哀想ですね。


AD
大変ご無沙汰しております。

浦島太郎の心境です。

6月に入り、明日は学校の一大行事”porras"(チアリーダー)大会

があります。文化祭と運動会を足した様な感じでしょうか。

朝から指定された美容院周りです。


5月は母の日があるので、行事も多く保育園のお遊戯会に学校のミサ

+朝食会と、porrasの日に同時開催のkermesse(お祭り)の準備等

集まりが多かったのです。


保育園のお遊戯会は、三女が年長さんのクラスなので、2曲シャキラ

の”wakawaka"をハワイアンで。レイや腰ミノを作りました。結構時

間のかかる内職でした。

1歳時クラスは座ったまま哺乳瓶や、おしゃぶりしながら手を叩いた

り。泣き叫んでもご愛嬌ですよね。

2歳児は忘れましたが、3歳児クラスはもう一曲ロックを踊りました。

こちらのママ達は手芸好きで器用な方が多いので、衣装等は力が入っ

ています。着ぐるみも手作りで、あ、2歳児はカエルのダンスでした

が、凝っている人は靴にも足ヒレつけたり。いつも勉強になります。


学校の母の日も今年で2回目。前回は四女が4ヶ月と小さく、主人も

働いていなかったので、三女も含めて4人でちゃっかり行きました。

早朝に講堂でミサがあって、カテドラルから神父さんが来て行われま

す。結構長いので子供が最後にぐずるのは言うまでもありませんが、

今年は次女のクラスメートのママと一緒だったので、ちょっと気が楽

でした。

講堂を出た所のちょっとしたスペースに8人掛けの円卓が10卓位かな?

あって、ケータリングの食事に給仕がいて、ちょっとゆっくりしますね。

まずはオレンジジュースとコーヒー、カットフルーツが出て、メインは

チキンに赤いソースがかかっているものと、卵料理にフリホレス。最後

にシフォンケーキという内容。もううる覚えです。

何と言ってもこの日のメインイベントは、クラス事に子供達が持って来

る母の日のプレゼントです。殆ど先生が作るのですが、テーブルに飾る

造花が多いです。持って来る時の恥ずかしそうな笑顔が、とても可愛い

です。

去年は主人の鳩子に初めて会ったのもこの日。急に誰かと話し込んでい

ると思ったら親戚だったのでした。

今年も彼女がいて、少し席が離れていたので長女に「felisidades tia」

と言って来てと頼んだら、あちらからも息子君が挨拶に来てくれました。


今年は席が一緒になったママの一人が子供達の大親友、高1のマリソル

と中1のオリ姉妹のママでした。あちらから話しかけてくれて、「いつも

家で話してるのよ。なんて。オリが日本語に興味があって子供達と仲良

くなって、長女にとってはクラスに親友がいないので、その替わりをし

てくれている有り難い存在です。引っ越ししたら家に招待したいな~と

いつも思っています。


メキシコは日本より共働きが多い国。働くママとはなかなか話をする機

会がないので、とても楽しい時間でした。一緒にいたルイス君のママは

上にやはり高校と中学生のお姉ちゃんがいるそうで、この学校との付き

合いも13年目の大先輩。「小学校はまあまあだけど、中高は優秀よ」

と言っていました。

いつもバイリンガル/トリリンガルの学校に心惹かれる私ですが、成績

優秀でないと、大学に入る事も難しいですよね。そういわれると、今の

ままで良いのかな?と思ったり。

そういえば、先週の土曜日は9時から2時まで日本語のクラスで教えまし

た。主人の会社の人といってもメキシコ人ですが、彼から急遽頼まれて

しかも、前日の夜9時にです。何の説明も準備も無いまま行くと、お世

話係のクラス歴4年の大学生が色々教えてくれて、しかも初心者クラス

を受け持つ、皆から先輩と呼ばれるルイス君もいて、何とかなりました

けど。

皆進み方が違うので、テキストを自学していて、解らない所を聞くとい

うシステム。小学生姉妹と高校/大学生に、主人の同僚と若い子達ばか

りで留学希望者が殆どでした。

その中の一人は高校3年生で医学部を目指しています。500人中30人の

狭き門なんだそうで、やはり学力かな?次回会う事が会ったら、是非そ

の辺を聞いてみたいです。

まあアルファベットの言語が一つできれば、他を習得するのも速いです

よね。特にスペイン語の方が英語より遥かに難しいので、英語力はそん

なに神経質になる必要はないのかな?自分達も自力で習得したわけです

しね。それよりなにより、日本語力ですよね。こちらの方が厄介ですね。



話はそれましたが、最後に校長先生からプレゼントを頂きます。

去年は花柄で母の日仕様のマグカップ、今年は洋扇子でした。


イベントが一年を通しても多いメキシコ。今年は独立記念日用にドレス

も準備しました。実は去年の独立記念日時には知らなかったので、その

後の革命記念日に使うかもと作っておいたのでした。そちらのイベント

はなくてがっかりでしたが。


明日の大会は衣装も毎回作り、今年は前クラスの女子は髪の毛を指定の

美容院で結ってもらいます。去年の5年生はお化粧までしていました。

ダンスもかなりセクシーです。体操の先生以外にダンス専門の先生がい

るんですよ。


帰国まで3週間をきりました。

日本初体験のスーちゃんの反応が楽しみです。

あの湿気に耐えられるか?なんといっても節電中ですからね。

私の心はもう日本に飛んでいます。










AD

あいちゃんの胃腸炎

テーマ:
あいちゃんは保育園をお休みして三日めです。

火曜日に園でお誕生会があり、ケーキやビスケット

プリンにタマリンドジュースを飲んで、お昼も食べて。

翌日、早朝から嘔吐。その後何度か吐き、お昼近くには

お腹も痛いと言い、水を飲んでも吐く。もうお迎えの時

間も近いし、時間的に従姉の小児科も病院を後にしたで

あろう時間。午後からスーも産まれた病院に診察室を持

っている(患者から連絡があったときだけ使っている様)

ので診てもらう事に。

喉が赤く息も臭いので、胃と喉が感染しているよう。

「注射を上でするから、薬局で薬を買って来て」と言われ

「薬局はどこ?」と訪ねると「al fondo」。

てっきりすぐ外と勘違いした私。見回しても無いので、

大きな道に出て、歩き始めると歩けども歩けどもそんな

気配はなし。結局戻るまでに30分位かかって、暑さとすー

を抱っこしていた疲れからぐったりしていると、待ってい

た娘達から、院内に薬局があると聞かされ疲れが倍になっ

て襲ってきました。

早速看護婦さんを捕まえお尻に注射してもらい、急いで帰

宅して、別の薬局にのみ薬を買いに。すーだけ抱っこして

ディスカウントの薬局に行くと、一つ460ペソもするもの

があって、全部変えないのでsimilaresというジェネリック

の薬局に行くと、肝心の高い薬が置いてないとの事。取り

あえず他の3つを買い、小銭まで数えて買いに戻ると量の

少ないものが407ペソ。何とか全部買えて良かった。

その日あいちゃんは薬以外何も胃に入っていない状態で寝

ました。もっと早くに病院に行けば良かったのですが、治

まるだろうと思っていたし、いくら近所とはいえどうやっ

て一人で二人抱えて行くのかと考えているうちにお昼にな

ってしまい、こんな時は思考が停止してしまいますね。

今考えれば、あいちゃんをバギーに乗せて行けば良かった

のです。救急口からいれてくれるのかしら?

とてもあの大階段は登れません。うちのバギーはとても重

いのです。


昨日も微熱があって、ぐったりしていました。おかゆを少

しバナナ半分、林檎半分そして夕食に調子が出て来たのか

お姉ちゃんが食べていたそうめんを食べるというので、に

ゅうめんにしてあげようと思っていたら、丁度運悪く夏に

帰省する飛行機のチケットの振込確認の事で日本と連絡し

たり、旅行会社と連絡していてお世話がおろそかになって

いて、冷たいそうめんにわかめを乗せたらしく、少し後に

また吐きました。

実はこのチケット、日本から母に振り込んでもらったので

振込控えをメールで送らなくてはいけないらしく、そんな

作業は母では出来ないので、あっちに行ったりこっちに行

ったり母を右往左往させてしまいました。ごめんなさい。

最終的には間に合ったのですが、確認期限も短いしファッ

クスも届かないと、機械を使いこなせない人には無理に近

いですね。

今までは支払ったらチケットを送ってもらったり、eチケッ

トを印刷するだけだったので、自分で振込確認をメールす

るなんて言う事を知りませんでした。


今日もまだ微熱があるあいちゃん。お餅2口とにゅうめん少

しを食べて寝ています。朝イチで飲んだ水が冷たかったのか

もどしましたが、その後は落ち着いています。

やんちゃで大声のあいちゃんが元気が無いと本当に可哀想。

これからは早めにお医者さんに連れて行ってあげなくてはね。


いつもは、保育園で「お昼に3皿食べました、よく食べるの

に痩せている」と先生に言われる彼女。寝るのも半端ではな

く時々,夕方6時から翌朝7時茉で13時間寝ています。成長

速度もお姉ちゃん達より早く、大きくなって来たと思ってい

ましたが、昨日の計測では100センチ、14,7キロでした。

細いですよね。4歳2ヶ月はこんなものなんでしょうか?





AD